fc2ブログ

    温暖化ではなく、寒温2極偏化では? 

    2024年02月28日
    日々雑感 0
    新しい証拠に基づいて、
    科学者は常に意見を変える準備ができていなければなりません。
    科学はいかなる権威にも屈せず、
    コンセンサスにも基づいておらず、
    常に流動的な状態にあります。
    科学理論が検証された証拠と一致しない場合、
    その理論は放棄され、再構築されなければなりません。
    科学を支えるのは懐疑であり、合意による安心感ではない。

    Ian Plimer



    数万人の農民がEUの常軌を逸したグリーン政策(環境政策)と
    ウクライナからの不当輸入に抗議‼️ ポーランド、ワルシャワ 20240227


    アジェンダ2030、グリーン政策への抗議のため、農家のトラクター隊がスペインのEUビルに向かう。



    ベルギー。怒りに燃える農民たちがEU本部を包囲。
    EUの農相会議の開催に合わせて行われました。
    農民たちは、EUの悲惨なグリーン政策に対する怒りを表明。



    EU農業大臣が会合している場所からほんの数軒の建物でタイヤに火が放たれるなど、事態は激化。20240226


    農民たちは、自分たちの生活を破壊している人々である農務大臣が現在集まっている欧州議会の周囲を占拠。
    数人の億万長者に支配されている腐敗したEU役人たちは、ヨーロッパ大陸全体を破壊したいと考えています。
    農民たちはグローバリストやネットゼロ詐欺に対する最前線に立っています。





     気候アジェンダを利用して農民から土地と作物を奪い、支配しようとしている西の悪魔たちへの猛烈な抗議活動は、欧州全域に展開されており、アジアではインドでも同じ抗議活動が展開されています。
     私たち日本人も、これくらいの態度を示さないと、国民を舐めきった今の政府には伝わらないだろうと思ったりします。



     以下は気候アジェンダに関するものですが、気候を理由に脱炭素とか人の移動制限とか15分都市などを構想してるグローバリストたち(主導は各国政府)がいることを忘れてはいけません。


    ◆アジアを覆う強烈寒波 総まとめ
     20230127 森さやか
     https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/b94b1eef5abd0ae74ced2ae8e06cf5c3fafab3b8

    ◆極東ロシアでマイナス53℃ 首都モスクワも大雪で大混乱
     20231205  Yahooニュース AP
     https://news.yahoo.co.jp/articles/bb1dbce55d4f1207881c9e2fc2b69ab1f8a7dc88
    『大雪はシベリア地方のサハ共和国からも報告されている。
     ロシアで最も寒いとされる同共和国の10地点で、マイナス50℃以下の気温を記録。オイミャコン村では、気温がマイナス53℃まで下がり、この地域で記録された最低気温を更新した。』



    ◆中国に記録的寒波 北京は13日連続で氷点下
     2023.12.25  CNN
     https://www.cnn.co.jp/world/35213194.html
     『中国の首都、北京が観測史上最長の寒波に襲われ、11日から24日まで零度を割る気温が続いた。
     地元紙によると、北京の南郊観測所では24日午後、13日ぶりに気温が零度を上回った。1951年の観測開始以降初めて、氷点下の寒さが300時間以上続いたことになる。』



    ◆Sweden and Finland are freezing in minus 40C, as the Nordic cold snap brings winter's coldest temperatures
     スウェーデンとフィンランド各地で相次いで「マイナス40℃」の超低温が記録される
     20240102 
     https://news.sky.com/story/sweden-and-finland-are-freezing-in-minus-40c-as-the-nordic-cold-snap-brings-winters-coldest-temperatures-13040925
     『スウェーデン公共放送SVTによると、火曜日、スウェーデン北部の小さな村ニッカルオクタでは気温がマイナス41.6度(マイナス42.8度)まで下がったという。』

     『フィンランドでは、北西部の町イリビエスカでこれまでの冬で最も寒い記録が記録され、火曜日早朝には気温がマイナス37.8度(マイナス36度)まで下がった。北極のラップランド地域の一部では、気温がマイナス30度(マイナス22度)未満に下がりました。』

     

    ◆スウェーデンで25年ぶりの寒さ 氷点下43.6度記録
    2024年01月05日16時36分 JIJI.COM
    https://www.jiji.com/jc/article?k=20240105045422a&g=afp
     『スウェーデン気象水文研究所の気象学者、マティアス・リンド氏によると、観測されたのはクビックヨック・オレンヤルカの観測所。同観測所で記録した気温としては、1888年に設置されて以来、最低だという。他の北部の観測所でも氷点下40度以下を記録した。同国で最も寒かったのは、1999年の1月と1951年に記録した氷点下49度。』


    ◆モンゴルで49年ぶりの降雪。 66万8,000頭の家畜が死亡。 
    Mongolia experiences largest winter snowfall in 49 years
     20240224 CGTN
     https://news.cgtn.com/news/2024-02-20/Mongolia-experiences-largest-winter-snowfall-in-49-years-1rlCoAIfmog/p.html






    ◆942. 北極からの大寒波
     20240123 国際農研 飯山みゆき
     https://www.jircas.go.jp/ja/program/proc/blog/20240123




    Climate Change Delusion and the Great Electricity Rip-off 
     Ian Plimer
    ian plimer 気候変動 政治 利権

    『石炭、ガス、ウランの世界最大の輸出国の一つが、どのようにして信頼性の低く高価なエネルギーを手に入れることになったのでしょうか?

    再生可能エネルギーに対する巨額の補助金、電力市場のゲーム、政府の命令により、これまで安価で信頼性の高い電力を供給していた石炭火力発電所は閉鎖されました。

    500年前、マルティン・ルターは免罪符に反対しました。今日、環境宗教の名の下に、再生可能エネルギー発電事業者に対する消費者からの補助金として免罪符が求められています。

    人間による二酸化炭素の排出が地球温暖化を引き起こしていることはこれまで示されておらず、最近の排出量の大幅な増加は温暖化を引き起こしませんでした。

    この本は、再生可能エネルギーが石炭火力発電よりも多くの環境破壊を引き起こし、潤沢に資金提供された気候変動「科学」の多くが詐欺によって支えられていることを示しています。

    しかし、再生可能エネルギーへの不当な取り組みを強制したグリーンヒステリーに迎合して作られた自殺的なエネルギー政策には簡単な解決策があります。

    この本は、今日世界中で進行している貪欲、汚職、財政の浪費、卑劣な行為、政府とエネルギーの弱者たちの道徳的および政治的無能を暴露するものである。
    - デレク・ワイネス、評論家』




     こちらは熱波の話です。

    ◆気候ヒステリーの推進者たちは熱波の原因を化石燃料に帰している(記事)
     20220723 マーク・マティス(Mark Mathis)
     https://attaqa.net/2022/07/23/climate-hysteria-promoters-attribute-the-heat-waves-to-fossil-fuels-article/
    『米国本土の多くの地域でも暑さ(尋常ではない暑さ)を感じています。英国は7月15日に国家非常事態を宣言した。
     スペイン、ポルトガル、ギリシャ、フランス、イタリア、ドイツはいずれも過剰な暑さとその後の火災に悩まされています。ご想像のとおり、気候ヒステリーを推進する人々は、熱波の激しさは化石燃料の燃焼のせいだと主張しています。』
     
    『中国とインドは、口先だけで気候変動への懸念を表明することがあるが、実際にエネルギー使用量を削減することには関心がない。
    中国とインドの指導者たちは、エネルギーが繁栄の主要な資源であることを知るのに、スリランカの崩壊やオランダの農民反乱を見る必要はなかった。』

    『ニモイの氷河期の破滅は34年前に予言されていた。その40年前、米国は気温の記録が始まって以来最も暑い1930年代の灼熱の10年間に耐えていた。それは一度の暑い夏ではなく、10年に渡って干ばつと猛暑の波が続いたのだ。
    これは、化石燃料が普及するずっと前に起こりました。』





     昨年もそうでしたが、春と秋がやたらと短かった気がします。特に秋はどこにいったのか?と思うほどでした。
     温暖化というより、暑さと寒さが極端化している気がします。
     
     この 気候変動 には、花粉症も大きく関係します。 私の知り合いは海外では花粉症の症状は出ないと言います。帰国すると花粉症症状が再発して悪化するのです。 これは大気に何かが撒かれていると考えるのが素直な解釈です。

     ケムトレイルというのが数年前から話題にでていますが、私自身の空の観察や体験知からも、何かが大気を汚染していると思っています。 花粉症の原因大気中の鉛であるというろんぶんもでています。
     訪問者様はどう思われるでしょうか?

    花粉症 福井大 鉛











    ・Tsunami bomb https://en.wikipedia.org/wiki/Tsunami_bomb#cite_note-6

    ・ICE CUBE ニュートリノ検出器

    ・Magician and His Magic Orbs
     https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/1d2dbe4a063cb7061e861abd46781146



    ブログランキング・にほんブログ村へ

    関連記事
    スポンサーサイト



    とみたや
    Admin: とみたや
    ご訪問、ありがとうございます。
    日々の生活が、その場にプラスマイナスの場を生み出します。心穏やかに、反省と修正の時間を持ちたいです。

    Comments 0

    There are no comments yet.