FC2ブログ

    Isabella Lucy Bird ~明治日本の面影~

    2020年06月25日
    日々雑感 0

    blog_import_4f0111bdb38fe.jpeg


    学生時代、日本の歴史をずいぶんと調べました。

    その中で特に興味を抱いたのは、
    外国人の目に日本がどのように映っていたのか、ということです。


    彼らが描いた「日本らしさ」は、現代日本人が忘れつつあるものでもあります。

    昔が良かったなどと言うのはただの回顧主義で好きではありませんが、
    かつての日本人の美徳や美風を受け継いでいくことは大切だと思います。
    日本人としてのアイデンティティを失っては、国際社会では通用しませんし、
    外国からいいようにカモにされてしまいます。


    以下は私自身の為のまとめです。



    日中韓を旅した外国人が語った真実とは?世界が注目した日本滞在記 2019/02/11



    イザベラ・バードの道「地図」と「目次」
    イザベラ・バード 『イザベラ・バードの日本紀行』上巻(講談社学術文庫)1/2
    イザベラ・バード 『イザベラ・バードの日本紀行』上巻(講談社学術文庫)2/2



    茅の輪2020-1


    関連記事
    スポンサーサイト



    ブログランキング・にほんブログ村へ
    とみたや
    Admin: とみたや
    ご訪問、ありがとうございます。
    日々の生活が修養です。信仰です。
    足下に天国も地獄も生まれます。

    Comments 0

    There are no comments yet.