FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

スパルタクスの悲劇

日本の面影 Glimpses of Japan

■この世がコロッセオです。

勝利にもいろいろあります。

地球は魔界星だと何度も書いていますが、これはどういうことかを考えていただきたいです。


例えますと、この世がコロッセオであるということです。

憎しみあわされ、貧困にさせられ、職を奪われ、稼ぎを奪われ・・・。


黒人も大切にしろと叫んでデモと称する「暴動」をしている人たちがおりますが、

自らの首を絞め、自らの自由をなくしていくことにも気づいて欲しいものです。


より巨大な者たちが、私たちをコロッセオに押し込み、

互いに諍い合い、血を流し、ののしり合うのを眺めて楽しんでおります。

真に憎むべきものはどこにいるのかを、もう少し思考して欲しいと思います。

コロッセオ 剣闘士 殺し合い ローマ帝国



■神輿を担ぐ者たちの傲慢

スパルタクスという剣闘士の話があります。

彼を英雄と呼ぶのは容易いことですが、同時に、無責任でもあることを思って欲しいです。

彼は膨れ上がった反乱軍の人々を自由にしたいと思いましたが、

それを拒否したのは思い上がった人々、欲に溺れた人々です。


せっかく自由になれる機会があったのですが、

自らそれを拒否した上に、尊敬したスパルタクス諸共全滅に導いたのです。



大東亜戦争当時の日本の昭和天皇様と軍部との関係にも似ています・・・。

よく考えてみて欲しいです。



奴隷 剣闘士 反乱 革命 ローマ帝国


From slave to rebel gladiator: The life of Spartacus - Fiona Radford 20181217


関連:NAGASAKIの日


■かっこいいは、必ずしもよいことではありません。

剣闘士(グラディエーター)と言うと、憧れたり、かっこいいと思うかもしれません。

闘う男はかっこいいです。否定はしません。

しかし彼らは、どんなに勝利しても下層民でしかありません。

闘技場という、いわば権力者の手の上で戦わされているだけです。

そこでの闘いの勝利が、いったいどれほど価値があるでしょうか?

殺し合い、殴り合い・・・・それに勝利することは栄光と言えるでしょうか。


ここで言っているのは、当座の生活の為とかそういう次元の話ではありません。

心と魂のことです。

本然たる人の姿としての在り方を問うているのです。



よき光と共に在れますように。



光る葉 


関連記事
スポンサーサイト



剣闘士 コロッセオ スパルタクス 自由 育児 奴隷


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0