FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

チャィナ

日々雑感


人道支援、人権、平等などの言葉に弱い人がいます。
また、それらの言葉を利用して、優位に事を進めようとする人がいます。
被害者ポジションをとる人たちです。
特に日本人は人権だの平等だのという言葉に弱すぎますし、そういう言葉に同調しすぎる傾向もあります。
これも一種の洗脳です。自分自身の思考を停止させられるものです。乗っ取り、背乗り、外部コントロールとも言えます。


前回の投稿で書きましたが、自分の子どもがお腹をすかして飢えているのに、隣の子どもにご飯をやるようなことをした国会議員や役人がいます。軸足を完全に間違えた者たちです。

回のウィルス騒動で、自分の県民が使うマスクが不足するのが予測できたにも関わらず中国へ寄付した都道府県がありましたが、これは完全に優先順位を間違えた行動です。 【関連リンクはこちら
マスクを送ってくれてありがとうとか、ぼーっとした頭で喜んでいる議員もいましたし、事態がが終息したらお礼に行き、子々孫々まで語り継がないといけない・・・・などと言ったニカイなどという売国議員もおりました。

国民の中にも無邪気にC共さんありがとうと言う者もおります・・・。どうかしてます。

本人はC共がどのような体質なのかを理解していない者が多いように思います。私の周囲の人達もかなり呑気な人ばかりです。

度々取り上げているアミノお母さんの言葉です。
子供のように無邪気でいること、でも軽率ではなく用心深くね。
無邪気さと用心深さ、そして平和と自衛の難しいバランスを保つように。」

無邪気なバカでも、自治や国政に関わらないなら微笑ましくもありましょうが、政治家が「無邪気なバカ」では国民は大変です。


国のやり口について、中国から帰化した石平さんが解説されています。話の中でいろいろ呆れる話が暴露されています。


シューのひと声で、virusまで従う?!


下は最近よく視聴する方の動画ですが、中国という共産国家がどのようなものなのかを、とても分かりやすくお話されています。↓


連鎖する「人道支援」よりも自国民を救うのが先



台湾の人々は、先の大戦後の経験から、中国共産体制がどれほど恐ろしいかを知っています。
日本人は、支那事変以降、日本人がどれほど残忍な目に遭ってきたかをあまりに知らなさすぎるのです。
歴史を学んだ台湾と、歴史から何も学んでいない日本人。
この差は巨大ですが、日々の世界の動きを注意して見ていれば、ある程度の判断は付いてきます。

に、私の関わっている高齢者施設でも、90代の方々は日本のマスコミのいい加減さやデマを見抜いております。国会議員のあまりの劣化を呆れている方もおります。そういう方々は生きる軸足がしっかりされていると思います。←腰が据わっている。


日本のマスコミは北京政府の宣伝をするな



もうすでに日本はあの国に乗っ取られている?



軸足をどこに置いているのか?


国や国民を守る気概のない政治家では、国に未来はありません。
国民も、最優先に守るべきものは何なのかをしっかり見極めて欲しいと思います。




南無遍照金剛


コロナウィルス 武漢肺炎 国連 地図



関連記事
スポンサーサイト



中国 人権 教育 歴史 マスコミ


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0