FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

感情の手綱

印象的な言葉から

喜怒哀楽・・・感情は、人間が持つ自然なものです。
ただ、存在するから良いということではありません。

感情に呑まれる・・・という言葉があります。
これは、肉体の運転手である自分自身が、感情に乗っ取られてしまう状態です。
運転席を、感情に乗っ取られている状態です。

あるから貴いのではありません。

蓮 ハス 蕾 花


感情は大切なものですが、感情というのはじゃじゃ馬です。
馬の手綱をきちんと引ける状態こそが望ましいのです。


ケンカ 口論


誰でもイラっとすることがありますが、この時、怒鳴ったり手を出したりするのは、
あなたは感情に乗っ取られたからです。
自分が、感情の手綱を離してしまったのです。
自分が、感情という津波に飲み込まれてしまったのです。


ツイートもしましたが、自由や平等、人権、権利・・・これらも、存在自体が貴いのではなく、その手綱を引いてこそ価値があるのです。ここを取り違えているの人が目立っています。

玉 磨かざれば光なし という諺があります。
感情も権利も、磨いてこそ光るのです。

感情を磨かず、ただその感情のままに振る舞うならどうなりましょうか?


ありがとう 感謝



感情の手綱さばきが上達するほどに、自身の内面が調和され、自他の調和のためにどのようにしたらよいのかも見えやすくなります。
そうなってくると、喜びも、ただ感情としての喜びを超えた喜びになってきます。

感情としての喜びは、あくまで自己完結で終わってしまいます。
でも、感情の手綱さばきが上達するほどに、その喜びは周囲と繋がった、より広く、深い喜びになってきます。
自分の内面で完結せず、自分と他者、自分と集団、もっといけば自分と宇宙という、循環の内にある喜びになるかと思います。



感情の手綱を上手に引けるためには、まずは自分の中で渦巻いている感情に気づくことです。

私は今イラっとした。
私は今、とても楽しんでいる。
私は今、とても怒っている。
私は今、とても不安だ。
・・・・


感情も、その実体を捉えることが大切です。

混沌とした感情の海に、自ら鉾を入れ、自分が今どのような感情になっているのかを見つめる。
感情を客観視する、とも言えます。

感情の実体をしっかりと捕まえることが始まりです。

手 冷静 怒る 客観 イラスト 



イラっとした時に、「私はいま、イラっとした!」 と心の中で唱えてみてください。
腹が立った時は 「私はいま、すごく腹が立っている!」 と心の中で唱えてみてください。
嬉しい時も、「私はいま、とっても嬉しい!」 と心の中で唱えてみてください。

自分の感情の尻尾を捕らえることができてきます。

走したら次は、その感情が発生するときの状況が見えてきます。
自分はどういう時にイラっとしやすいのか?
自分はどういう時に腹が立つのか?
→ 感情が湧き上がってくる時の条件、環境が見えてきます。

そこで照らし合わせるべきは、自分の願望や欲のことです。
イラっとするのは、自分が思い通りにならない時や、自分の都合が阻害されるときが多いのです。

早くしないと晩御飯が作れない。
早く行かないと会社に遅刻する。
私はもっと休みたいのに起こされる・・・等々、自分がやりたいことが阻害される時、自分がやりたくないことが発生する時など、大抵は自分の都合の悪いことが起きた時なのです。

自分が不愉快になる、不快になる時に、自分都合の思い、固執、条件があるはずで、それをどこまで譲歩できるのか、どこまで譲歩するのか自身で精査し、調整する他ないのです。



人は死ぬまでが魂の成長です。

よき光と共に在れますように。



蓮 古代蓮 蓮華 斑鳩宮







・日本はパンデミックをいかに乗り越えたか~100年前のパンデミック・スペイン風邪の教訓
内閣官房 新型インフルエンザ等対策:スペインインフルエンザ(後半)






講演会2 宇野正美氏


講演会30 宇野正美氏



関連記事
スポンサーサイト



感情 アンガーマネジメント 育児 家庭教育


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0