FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

典座教訓 承陽大師

Foods!


典座教訓


ブログでは度々掲載しています 『典座教訓』 です。

典座 座禅 食事 道元 解説


日々の食事は、自分の命がどのように生かされているのかを考えるよい時間です。

今の時代はコンビニなどで手軽に食べるものを購入できますが、
少し前までは24時間開店しているコンビニなどありませんでした。
正月に開店している店などもなかったのです。
・・・手軽になるほどに、食べることができるありがたみが薄れてしまいました。
食事に対して意識をしなくなってきた、ということです。
何となく食べている、惰性で食べている、時間が来たから食べている・・・これでは糖尿病をはじめとした病気が増えるわけです。

図書館で興味深いタイトルの本がありました。
私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない というものです。 








なんとなく食べている・・・これは意外と多いと思います。
私自身も、昔は時間が来たら食べていました。朝だから朝ごはん、昼だから昼ご飯・・・いま思えば最悪な食べ方でした。
食べないと健康になれない。
食べないと太れない。
←私は痩せ体質なので太りたくてしかたなかったです。
食べないと仕事で頑張れない。
そんな思いで「なんとなく」食べていました。
「なんとなく食べる」というのは、ながら食いするだけでなく、時間で食べたり、常識で食べたり、医師に言われたから食べたり・・・お腹が「きちんと空いていない」のに食べることが「なんとなく」食べている状態です。

甘いものがやめられない人。
ついつい食べ過ぎてしまう人。
そういう場合、まずは手帳に、何を食べたのかを書いていくことをしてみてください。
食べているものと量の「見える化」です。


私は少食にした当初から、食べない方が体調が良いことに気づきました。
空腹感はあるのですが、身体が軽い。
空腹感はあるのですが、眠くないしだるくない。
空腹感はあるのですが、健康を崩すことが少なくなってきた。

これは空腹感を多少我慢する必要がありますが、空腹に意識を向けるのではなく、自身の体調、軽さ、頭の回転に視点をフォーカスしてみてください。
朝昼晩と食べていた時とは違う感覚を味わえるはずです。

空腹は、何を食べてもとってもおいしく感じます。
空腹は最上のソースとはよく言ったものだと思いました。
いままで何気なく食べていた野菜が、これほど甘みがあるのか!
ごはんってこんなに豊潤な味わいがあったのか!
と、感動します。
因みに、空腹は最上のソースという言葉は、ソクラテスの言葉の英訳:The Best sauce for food is hunger. が元だそうです。


当ブログのリンク集には掲載しています 『典座ネット』 は、道元禅師:承陽大師の典座教訓について詳しく紹介されております。



道元 曹洞宗 いただきます

関連記事
スポンサーサイト



食育 食事 健康 道元 ファスティング ダイエット


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0