FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYからどうぞ。

トーラス

2019年12月16日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


過去記事の補足的な意味も含めて書きます。

今の若い人は知らないかもしれませんが、私の子どもの頃、みかんの入っていたネットでリンゴをつくりました。ヘタの部分を中に押し込む形がとても魅力に感じていました。
今思うと、これはトーラスの形です。
根源、力、神、宇宙などの基本形です。

子どもの頃からこの世に絶望していたせいで、社会人になるまではこの世は無という認識で過ごしていました。
高校時代には老荘思想にのめり込みました。
ところが、社会人になっていろいろ経験する中で、この世は有・在るという認識に変わりました。
自然農法の福岡正信氏は、すべては無という話をされていましたが、
氏の話しがきっかけで、無の中に有を感じるようになりました。
そして神仏様と真剣に向き合うようになって、無と有は同じことだと思うようになりました。

mugen_無限大_無限


2018年に、自分の心の中にダイビングした夢を見せられました。
  関連記事:宇宙クラウド

自分の意識という海です。
水の中を潜っていくと小さな炎が見えてきました。それが魂、神様が分けてくれた分灯、光だと教えられました。
そこを超えてさらに潜っていくと宇宙に出ました。
魂は宇宙に繋がっているんだ・・・自分は宇宙に繋がっているんだと思いました。

ダイビング


ふと見上げると、水面から数えきれないくらいの水の柱が伸びていて、その水柱の一つ一つが個々人の意識、魂でした。
その内のひとつの水柱を昇っていくと、この人の見ている世界が見えてきました。
プールの水の中からプールサイドの人たちや空を見ているような感じです。
すると、この人がどういう思いで生きているのかが分かりました。
この人の喜びも悲しみもすべてが一瞬で理解できるのです。
この体験をして、人の意識はすべて繋がっていると理解しました。

宇宙


そして今年の3月には「あらゆるものを否定してはいけない」という言葉が来ました。

自他の区別がない。
自分という存在はいるけれど、実は「自分」などというものは無い・・・。
川の流れが岩に当たると、水中に気泡が発生しますが、自分というのはその気泡のような存在だと思いました。

全ての生命が、宇宙という意識の内に在ること。
全ての生命は、個々でありながらも繋がっていること。
全ての生命に自他の区別はないということを。
全ての生命は自分であり、自分は全ての生命を集約した存在であるということを。
他を殺すことは自身を殺すことになるということを。


思いの向き、心の方向はどのようであるのが望ましいのか・・・その指針を示されたように感じました。

磁気 トーラス エネルギー 流れ



自分の今までの人生を振り返りますと、まさにトーラスの世界だと思います。

突き抜けたところは別の世界でありながら、それは表裏一体の同じ世界。
自分という世界を突き詰めていくと、その先は宇宙という一つの世界。
自分の存在は宇宙であり、宇宙は自分である。
そして自分というのは、母なる宇宙の一部分でしかないのです。

一部分でしかない自分を 「自分のモノだ」 と思い、
本来の自分であるはずの宇宙の意志とかけ離れた傲慢な思いで好き勝手にしている・・・。

自分自身は、宇宙の意志と共に在ればそれだけでよいのです。
たったこれだけのことですが、それが非常に難しいです。

狛犬さんと毬


我利をむさぼらず、
すべてのことを我が事として思えるのが良いのかと思います。


南無遍照金剛

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
ご訪問、ありがとうございます。
心と魂を深く見つめることを大切にしています。
日々の生活は、そのまま魂の修養道場です。

初めての方は『当ブログについて』からどうぞ。
各記事へはカテゴリー一覧か、indexからどうぞ。

Comment(0)

There are no comments yet.