FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYからどうぞ。

幸せの形 ~場のイヤシロチ化~

2019年12月06日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


長くなります・・・・・。


ふと目に留まったツイート。
50代の男性が、結婚ができなくてさみしいそうです。





これを読んでどう思うかは人それぞれかと思います。

ただ、コメントにもありますように、この新聞投稿者は自己否定観や被害者意識が強いような印象を私は受けます。
↓ の意見は手厳しいですが、概ね私も同感です。





以前から書いていますが、孤独感というのはエゴです。
私自身がこの新聞投稿者のような気持ちを抱いていた時期があるので、そう思うのです。
もちろん、ツイートは文字だけですので、周辺状況や本当の思いがどの辺にあるのか、正確なところは不明ですが・・・。
しかしこのツイートだけを見ると、この新聞投稿者は自分のことしか見えていないような印象を受けます。

自分は虐げられている
自分はひとりぼっちで孤独だ
自分は誰にも受け入れてもらえない
自分は悪口を言われる
自分はこんなひどい目に遭っている

すべてが受動的で、自ら他者を愛したり、何かを与えたりする気持ちが見えません。
こういう状態は自己中といえます。


幸せになりたいという気持ちは、一見能動的なまっとうな夢に見えますが、自分だけの幸福を思うならそれはエゴです。
   【関連ブログ記事:さみしいと思うのはエゴなんだよ

自分が幸せになるために周囲を自分に縛り付けること。
自分が幸せになるために、自分の願いをかなえてくれる人をリードにつなぐことです。
自分の幸せのために、周囲は奉仕しろと言っているようなものです。
他者の助けを借りて自分を幸せにしてもらおうというのは、他者を利用して自分が幸福になりたいというエゴに他なりません。(下図)

オラに元気を分けてくれ! と他者にお願い(依頼)しているつもりが、知らず知らずのうちに強要になってしまうのです。
依頼したのに誰も応じてくれないと思ったり、これだけやっているのに誰も評価してくれないなどと思うのは、注目されたい、評価されたい、もっと私を見てよ!という欲があるからに他なりません。
他者から与えてもらうこと、奪うことばかりに意識が向いてしまっているということです。

求め続ける。
奪い続ける。
こういう姿勢では不平・不満が多くなり、さみしさや孤独感が大きくなります。
そして、思い通りの評価や愛情、やさしさを得られないとイライラして逆恨みしたり、怒ったり、八つ当たりをしたり、ふてくされたりします。

全てのものは、求め奪い続けていると、必ず不足してくるのです。
欲は、際限がない無限地獄だからです。

搾取 注目 集める



そして大事な認識として、
一般的な常識や幸せという平均値というのはこの世には存在しません。実体がないのです。
下の図に示すように、幸せの形というのはそれぞれの人、家庭、集団・・・そういうものが個々別々に作り上げている独自のものです。

Aさんのしあわせ
Bさんのしあわせ
Cさんのしあわせ
Dさんのしあわせ
Eさんのしあわせ
それらを総合して割り算した 「一般的なしあわせ」 というのは、概念として存在するだけで、現実世界のどこにも存在しません。
「平均値」というのは、実在しない虚像です。
そんなものを信じるのは偶像崇拝です。

常識や一般論に影響されやすいというのは、虚像に騙されやすい人と言えます。
逆に言うと、自分の頭で深く考えない人です。
自分自身のしあわせの形を作らず、他者が作ったしあわせの形を信じて崇拝しているということです。

突き詰めますと、幸せというのは、
Aさんのしあわせ 
Bさんのしあわせ 
Cさんのしあわせ 
Dさんのしあわせ 
Eさんのしあわせ 
これらと同じように、
『自分自身のしあわせ』 というのを築き上げる以外に存在しない
ということです。

理想 空想 エゴ 幸せ 虚像 夢 思い 祈り



祈りや思い、夢や理想というのは、エゴであってはならないのです。

自分だけのしあわせ
自分だけの安寧
自分だけのよろこび
これらは全て囲い込みです。
自分のモノにする所有の問題が生じてくるのです。
所有というのは物質だけにとどまりません。
思い、感情、空間・・・すべてが所有の問題となります。


実在しないしあわせを追い求めるよりも、自分自身のしあわせとは何なのかをよく見つめることが大切です。
そのためには、自分自身のことをよく観察し、自分自身を知ることがとても大事です。
自分の身の丈に合った幸福。
自分の今の状態に見合ったしあわせ。

自分のしあわせを確立することは、自分と周囲の環境を調和させます。
私のブログで、いつも「自分自身を確立せよ」と書いている由縁です。
自分がしっかりとした価値観と思いを立てていないと、周囲を乱すことになるのです。

正しい思いで自分を確立させることが、自身のしあわせとなり、周囲のしあわせともなります。
自分のいる場所をイヤシロチ化するということです。

しあわせ 調和 祈り 理想 夢 幸福


人の思いは場を形成します。
光の在るよい思いの人が多くなるほどに、その場は良いスパイラルを生み出し、良い波動に包まれます。
それらがカチッとかみ合うと、それは魔法陣、結界、法輪を作り出すように私は感じています。


自分の思いの中心に何を置くのが良いのか。
その為には、まずは己自身を知り、己の欲や偏見をよく把握する必要があります。
その上で、他者とのバランスを模索することです。

日々のプチ瞑想などで、自分の心言行(心、言葉、行い) をよく見つめ、修正すべきは修正できる生活でありたいです。


南無遍照金剛

無知





関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
ご訪問、ありがとうございます。
心と魂を深く見つめることを大切にしています。
日々の生活は、そのまま魂の修養道場です。

初めての方は『当ブログについて』からどうぞ。
各記事へはカテゴリー一覧か、indexからどうぞ。

Comment(0)

There are no comments yet.