FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

主権破壊

2019年10月30日
日々思うこと 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆

患者に耳障りの良い言葉とやさしい態度で接するやさしいヤブ医者と、
言葉遣いや態度に問題のある名医と、
あなたならどちらの病院に行きますか?


ドクターハウス Dr.HOUSE


Dr.HOUSE パーフェクトガイド 【シーズン1~5】


人はだれもが完ぺきではありません。
だれもが足りない部分を抱え、それを誰かが助けてくれています。
そして自分が貢献できる部分には大いに貢献し、自分が助けられる部分には手を貸せるというのが社会です。
支えられつつ支えている状態で、人は常にここに在ります。

仕事で言うなら適材適所という言葉が近いかも知れません。



「ひとりがたり馬渕睦夫」#31 トランプ大統領の国連演説と日本の伝統精神


トランプが大統領選挙に立候補した時、私はこの人が大統領になると思いましたが、私の周囲それを言うと馬鹿にされました。

トランプ氏が出てくるまで、私の、政治家に対する印象は、政治家というのは態度や言葉も丁寧かもしれないが、その腹の中は全く違うことを考えており、言っていることを信用できない・・・というものです。

しかしトランプ氏の演説には、今までの政治家とは明らかに違う正直さがありました。
実際、彼が公約したことは次々に実施してきました。有言実行。
この点も、これまでの成果とは一線を画す存在です。
そして、彼の主張は、大統領選挙前からほぼ変わっていないことも評価できます。
日本の政治家で、公約を守ってきた議員や政党がどれほどいるでしょうか・・・。


トランプ大統領が正直と言っても、もちろん100パーセントではありません。
ただ、少なくとも、既存の政治家共よりも言葉と行動が信用に足るものです。
これはフィリピンのデゥテルテ大統領にも共通して感じることです。
日本の政治家にも、そのような人はいましたが、非常に腹立たしいことに、その方は殺害されてしまいました・・・。


日本のマスコミは韓国のマスコミ以下だと思います。
韓国のマスコミは、自国内における不正を正す正義感の信念が感じられますが、日本のマスコミは政権を引きずり下ろす悪意しか感じられません。
日本のマスコミは、もしかしたら世界最低レベルかも知れません。
部分だけを切り取って批判したり、でっち上げを放送したり、見るに耐えかねるレベルです。




第74回国連総会におけるトランプ大統領演説2019/09/24 にライブ配信
~Remarks by President Trump to the 74th Session of the United Nations General Assembly~





下の動画は2018年アップのものですが、こちらの演説も素晴らしいと思います。
元は2016年10月にアップされたものだそうです。
こういうものは、日本の地上波では絶対に放送などしません。

日本のマスコミが放送するのはトランプは子どもじみたバカだ、言葉つかいが汚い下品で差別的な野郎だという内容ばかりです。



トランプ大統領の感動・演説 2018.12.09UP



私はトランプ大統領のことを評価していますが、同時に、政治の世界そのものが茶番だとも思っています。

・・・主権破壊の方向に世界が動いていることは感じます。
主権破壊とは、誰かがその主権を奪うことです。
自分のことを他者に任せて考えないシステムですが、これはロボットと同じです。
自分の心を見つめること、考えることが主権であり、それを放棄するものに幸福も満足もありません。


自分とその手の届く範囲のことくらいは、自分で考え、自分が貢献できるようにしたいものだと思いました。

南無遍照金剛
 
関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.