FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

ひとくぎり

日々雑感
夢記20190905
夜勤明けで横になってウトウトしていましたが、泣きながら目が醒めました。


あじさい2019-3



・・・フルヤマ氏ご夫妻と会いました。
この方は以前にもブログに書きました。
私が幼少のころから中学卒業まで、親のような愛情をもって接して、見守ってくださったご夫妻です。

久しぶりだから色々お話がてら、家まで歩きましょうと言って、
土塀にある引き戸を開けてくれたのはおじいさんでした。
このおじいさんは、フルヤマ氏のおじいさんのようでもあり、知らない人でもあるような印象で、はっきりしません。
とにかく、そのおじいさんが引き戸を開けてくれますと、
左手から緩やかにカーブを描いて奥に延びる単線の線路がありました。
線路に沿って草むらの中に道が伸びており、ところどころ水にぬれていました。

手賀沼朝景20150622


ぬかるみに気を付けながら歩きますと、すぐに屋敷に到着しました。
私は屋敷には上がらず、玄関下でいろいろお話を交わしました。
立派な階段を上がった高いところに大きな玄関があり、
屋敷までは長い廊下が伸びて、屋敷自体は見えないほど立派な構えです。

気が付くと私はまあるいお弁当箱のようなものを両手で持っていました。
空けてみると、箱は空っぽでした・・・。

フルヤマ夫人が 「孫でもいればいいのにね」 というようなことをつぶやかれた後、
「行きましょう」 といって奥に行こうとされました。
私は手に持った箱を渡さないといけないと思っていましたが、渡せずにいました。

夫人の姿が玄関から隠れた時に、「やはりきちんとお話して渡さないといけない」 と思いました。

玄関の石段の左手にも戸口がありましたので、私はその戸口から入りましたら、
ちょうど夫人がおつきの人と一緒に階段を下りてくるところでした。

私は意を決してフルヤマ氏夫人に
一応、ひと区切りですから、今までのお礼と感謝を・・・ と言いながら箱を渡しました。
お互い、これでもう一区切りですね・・・(これでひとまず、もう会うこともないね) という気持ちが交叉しました。

私はボロボロ涙があふれきて、フルヤマ夫人の顔を見ることはできませんでした。


私は泣きながら目が醒めました・・・。
ひとまず、フルヤマご夫妻と、その背景にある信仰の元との関係は、
私の中では一区切りをつけたのか・・・そんな気がいたしました。


起きてからお仏壇のフルヤマご夫妻にお線香をあげました・・・。


南無遍照金剛

蓮 不忍池


関連記事
スポンサーサイト



祈り 教育 夢記


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0