ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 育児  教育      夫婦  ケンカ    心理  漫画  

減迷

介護の仕事では、利用者様の態度や雰囲気、言葉などを観ることが大事です。
相手を観るわけです。
相手を観るのは誰かというと、言わずもがな私です。

ここで少し考えていただきたいのは、相手を理解するためには何が必要かということです。

相手を理解するためには、相手を知ることが大事です。当り前です。
相手の行動パターンや思考パターン、生活歴、年齢、身体能力、病歴、今の健康状態・・・多岐にわたります。
しかし、それらの情報をもらっても、
私の能力が低ければ、たくさんの情報をもらってもそれを処理できません。


cpu 処理


自分の感度を上げないと、利用者様の具合が悪くても気づけませんし、
自分の知識をグレードアップさせないと、健康状態を理解することもできません。

つまり、相手を知るためには、まずは己自身を知らないといけないということです。
自分がどれだけ「知らないのか」、
自分がどれだけ「自分の価値基準で他者を見ているのか」、
自分がどれだけ「他者の思いを感じられないのか」・・・
これでいいのだ と思っていると、そこには反省は生まれません。
気づきも向上もなく、言行心の修正はできません。

これを、自分を客観視する、別の自分が見ている感覚をもつなどと言います。

手 冷静 怒る



ここ半年ほどでしょうか、私にやさしい気持ちと気づきを与えてくれる方がおります。
引用させていただきましたのは、安心と迷いについて描かれています。
自分を修正していくことが、他者へのやさしさや、他者のしあわせにも繋がります。




自身の気づきを大切にされているのが感じられます。

私もこの方のように、日々のやさしい気持ちを大切にできるようになりたいです。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛


関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry07/26のツイートまとめ

Older Entry07/25のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >