ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags: 政治  障害者  ALS  脳性まひ  介護  教育  れいわ新選組  育児  

重度障がい者 国会議員に

れいわ新選組



れいわ新選組から、重度障がい者2名が当選しました。

船後靖彦氏 →  難病 ALS(筋萎縮性側索硬化症)
木村英子氏 →  脳性まひ

↑氏名、病名をリンクしています。
多くの一般人にはなじみのない病気かも知れません。この機会に少しだけでも理解いただけると、関係の仕事をしている私としては嬉しいです。


記事にある通り、いずれも手足を自由に動かすことが難しい障害です。
これは一般の人たちにはなかなか理解が難しいのかも知れません。


この件に関してどう思われるでしょうか。




・・・ツイッターで、こんなものもありました。 ペンネームは伏せておきました。↓

ツイッター 障がい者が国会議員


このツイ主は、チャレンジとして認めておりますが、引用されている方は否定的です。
このツイートの両者の思いには大きな違いがありますが、これはとても大切なことを示しているように思います。



新党“れいわ”と“N国”に初の政党交付金支払いへ(19/07/23)


多くの一般の方々が、よく分からない病気の人が国会議員として務まるのか?と不安になる・・これは理解できます。
しかし大事なのは病気ではなく、その方がどういう人物なのかということです。

おふた方とも重度の障碍者ではありますが、共に事業をされて役職にも就いております。
つまり、日常の生活、介護に関してはもちろん、仕事に関してもかなりの実績を積んでこられたということです。



上の図で、否定的な意見:政治はそんなに甘いものではないという主張ですが、甘い仕事などありません。

重度障がい者が国会議員としての仕事ができるのかという主張も、これは前例がないので誰にも判断できないことです。
当選された当人はもちろん、国会議員の歴史上初のことであり、つまりは私たち日本人が初めて遭遇するできごとです。
もし重度障がい者にはチャレンジすら認めないというのであれば、それは民主主義でしょうか?

おかしいことを何故おかしいと言わないのか とも言ってますが、どこが? 何がおかしいのでしょうか? 「おかしいこと」と決めつけているこの方の方が、私はおかしいと思います。

天使


国会というのは、私たちの国のかたちを決める大事な機関です。
そこには目指すべき理想と、国民として模範となる態度や心が伴っているべきだと私は思います。
生きている生物としてのヒト・・・これを基準にした世界に移行していくのが良いかと思っています。


聖徳太子の憲法十七条には次のようにあるようです。


~ 第十七条 ~
何ごとも1人の独断で決めてはいけません。些細な事ならいざ知らず、大事なことは一人で決めてしまうと判断を誤ることもあるが、みんなで議論を尽くせばきっと良い結論が得られるはずです。



今までの国会運営は、障がい者にとって決してよいものではありませんでした。
障がい者の声は、ほんとうに国会に届いているのか?という状況でした。
今回、国会に直接当事者を入れることに成功しました。
不正な手段ではなく、合法的な手段によって、国民に選ばれたのです。

当事者がいることで、国会には生身の感覚が注がれるはずです。
血の通った肌感覚。
たとえ今回のチャレンジが失敗に終わったり、挫折することになっても、生身の人を前にした議論と、頭で理解したり、聞いた話で議論するのとでは天と地ほどの違いがあります。


多くの困難はありますが、障がい者という「社会的弱者」を送り込めたことは、多くの下層社会の人々の思いを届けることにもつながると思います。


見た目で判断しない。やる前からムリと決めつけない。
その人のチャレンジを、可能な限り認められる社会。

私は、今回のお二人の議席獲得に、多くの希望を感じます。
そして、応援したいと思います。




よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


手賀沼朝景20150622

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry07/24のツイートまとめ

Older Entry07/23のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >