ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児  レッテル  カテゴリー  ミス  

間違いを教えてあげること、教えられること 2

他人が間違いをして気づいていないときに、そっと教えてあげることについて書いています。
間違いに気づかずに生きていくことは、学びの機会を失うことです。
あなたが誰かの間違いに気づいたときに知らんぷりをすると、
その人は死ぬまでその間違いに気づくチャンスがないかもしれません。

そして私たち自身も、自分が間違っていることを教えてくれる人がいないなら、
一生その間違いを繰り返すかも知れません。

■間違いを言いにくいのは何故でしょうか

「これを言ったら、後々その人との関係が気まずくなりそうで言いにくい」 と思うことがあります。
では、どうして「後々気まずくなる」と自分は思うのでしょうか?

例えば間違いをしたのが親友だったら?家族だったら?・・・「間違えてるよ」と言いにくいでしょうか?
おそらく、間違いを教えてあげることにそれほどストレスは感じないはずです。
間違いを教えてあげる相手によることはあります。

・・・ここで考える点は、間違いを教えてあげにくい相手は、どうして教えてあげにくいのでしょうか?ということです。
自分が苦手意識を持っているなら、その理由はどこにあるのでしょうか?

その人があなたに 「あそこ間違えているよ」 と教えてくれたら、あなたはどんな反応をするでしょうか。
ムカッとする? 素直に「教えてくれてありがとう」と思う?
相手の問題?
自分自身の問題?
・・・自分とその人の関係を、より深く見つめてみましょう。

メガネ


私の対人関係における基本姿勢をひとつ書きます。
自分の態度は、相手への思いによるところが大きい。
苦手意識を持っていれば、オドオドしたり、口ごもったり、声が小さくなったり、ソワソワしたりするものです。
これは、相手に問題があるのではなく、自分自身の心の問題です。
相手が自分をどう思っているかは、
相手がそれを言わない限り、それは自分自身の思い込み
でしかありません。

それ以前にもいろいろなことがあり、相手がどういう人かは分かっている、と思うことはありますが、
それでも 相手が自分をどう思っているかは、
相手がそれを言わない限り、それは自分自身の思い込み
なのです。
他人にレッテルを貼る、ラベリングする、カテゴライズする・・・・。
これは傾向を見る上では大切なことですが、それはあくまで一面的なものです。
こだわりが過ぎると縛りとなり、ガチガチに固定化して自他共に痛い思いをすることになります。


決めつけ 先入観


他人の心を操作することはできないのですから、自分自身を切り替えることです
相手の態度を変えさせるには、こちらの態度を変えることでしか達成できません。
ここの認識はとても重要です。
この認識をしっかり持っておくと、相手に過度の期待をすることがなくなってきます。
また、過度に信用することもなくなってきます。

裏切られた! 信じていたのに! という負の感情から解放されてくるということです。
これは適度な期待、適度な信用であり、
相手のことをどうでもいいと思う切り捨てやあきらめではありません。


この話は続きます。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。




関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry07/21のツイートまとめ

Older Entry07/20のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >