ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags:  教育  育児    情弱  弱者  差別  

弱者は強者 ~モノの見方~

ツイッターで、

弱者が自分を守るために、自ら声を上げないと守ってくれない社会なんておかしいよね

という意味のツイートを拝見しました。
これは本当にそう思います。

人の心で大切な姿勢のひとつは、
他者:相手の立場になって考えてみることです。
思いやり、気遣いもここが原点です。

 諸々の人の悩みをわがことに思ふぞ信仰【のり】のはじめなりけり



桜 千鳥ヶ淵 青


しかしながら、少し考えてみますと、
困っていること、
悩んでいること、
改善して欲しいこと、
助けてほしいこと・・・・
そういう諸々のことは、当事者 ~ないしその周辺の人々~ じゃないと気づかないことも多い
と思います。
人は、自分の立場や状況、自分の目線でしか物事が見えにくいものですし、言われて初めて気が付くことも多いものです。

当事者が声を上げてくれないと、
そういうものに気づきにくい、というのも真実
です。




ハナミズキ2




社会的弱者とされる方々がおりますが、
彼らは社会的強者でもあるのです。
弱者としての『当事者の感覚』を持っているからです。

一般人とされる人たちは、
社会的弱者の視点をなかなか持ちえません。
社会的弱者が持っている視点を持ちえないという意味では、
一般人と言われる人々のほうが、社会的弱者よりも弱者(情報的)といえます。



弱者、強者という区別は、相対するものを設定した中でのことです。
社会という大きな枠の中では、共に生きるものたちであり、
そこには特徴の違いはあっても、弱者、強者という差は意味を成しません。
そもそも人はみな個性があり、違う視点をもった存在です。
自分の視点で物事を捉えて、意見できるように、
他の人もまた、他の人の視点で物事を捉えて意見している存在です。
自他共に、社会を構成する一員であり、そこに優劣強弱を持ち込む必要はないと捉えることが大切ではないでしょうか。



ひがみ、ねたみ、うらやみではなく、
明るく無邪気に、便利で楽しく過ごせる世界に・・・そのための声の出し方を学んで生きたいところです。

南無遍照金剛

桜 サクラ







迫り来る、UFOの策略と堕天使のお話



関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry07/14のツイートまとめ

Older Entry07/13のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >