ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  祈り  教育  育児    健康  病気  

肉体と心

今までたくさんの身体障害者や高齢者とご縁を頂いてきました。
そのかかわりの中で教えてもらった真実のひとつは、
健康というのは、肉体の状態のことではない ということでした。

介護


身体が不自由であれば、生活するのにストレスが増えるのものですが、
健康な人は、身体の衰えや欠損を超越したポジティブさをお持ちの方々でした。
彼らは「今」の肉体の状態に不便はありますが、常にたのしいことを見つけようとしていました。

ある人は足で打つキーボードで文章を書き、それを読んでもらうことを楽しみにしていました。
ある人は寝たきりで、ベッドにターンテーブルを設置して、なんとかかんとか自力で食べることを楽しみにしていました。

動けない自分をいい意味で諦めて受け入れる・・・今の自分の状態を認めるという器の大きさを感じます。

悲しみを数えると、ますます悲しくなるだけです。
類は友を呼び、思いもまた、同じ思いを引き寄せる。
悲しみを思うと、悲しみが寄ってくるのです。
自ら足下を悲しみの沼として、自ら溺れ行く者のいかに多き世でしょうか。



アルシオン・プレヤデス80:身体、心理・感情の健康、ストレス、不安、うつ病、考え方、感じ方を知る



人は、自ら望むものと同じものが与えられるのです。
何を思うかは、その人次第です。
思うだけで、少しずつ世界は変わっていきます。
自分の世界も、周囲の世界もです。

思うこと、思いの力は、いつでもどこでも誰にでも与えられているものです。
これを天国、極楽へ向けるか、
地獄や修羅、餓鬼道へ向けるか・・・選ぶ自由を与えられている世界です。


医者は必要です。
しかし予防医学として、自身の思いの力を信じて、最大限に活かすことが大切です。
私たちは、神仏の分魂であることを思えるのがよいです。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。




神々の光


-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram



夢記:20190727

ある方と一緒に街を歩いていた。
一緒に来ていた多数の人たちもいたが、その方々とは違うところを歩いていた。

スマホにお知らせが来た。
コーヒーのおいしいあのお店でみんな落ち合っているから、あなたたちも来たら?と。

高速道路のような高架下のトンネルを抜けると、右手に小川が流れていた。
小川に沿って下流に少し歩くと、橋が架かっており、その右手に木造の西部劇に出てくる飲み屋のような建物があった。
ここだね、と言いながら店に入ると、みんなが声をかけてくれた。
関連記事
スポンサーサイト




Newer Entry07/28のツイートまとめ

Older Entry07/27のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >