ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 感情  気持ち  言葉  いじめ  教育  学校  育児  

感情をわが子として扱う

3月の初めに「あらゆるものを否定してはいけない」というお言葉が来たのですが、
この言葉のことを、色々な局面で考えています。

今月(6月)は、怒りやイライラについて考える機会が多く与えられています。
その件でブログ記事の下書きをしているのですが、
感情とはいったい何か?という問いが浮かびました。

とりわけ負の感情とはなんでしょうか。
九つの黒星というのがあります。
うたがひと いつはり いかり おごり よく ねたみ ののしり うらみ うらやみ
私は、これらは悪しき心として、可能な限り排除すべきものと考えてきましたが、どうも違うようです。

天使と悪魔


感情も、宇宙が認めて存在している、出現できるのです。
ですから、感情そのものは善でも悪でもありません。
問題なのは、その感情を使う私たち一人ひとりです。

例えば怒りに任せて、非難してくる人を殴ったり、イヤなことをしてくる人を殺すのは、感情に溺れた行為です。
怒ったなら、その怒りの感情をどのように使うのか、非難されてイヤな思いをしたら、どのようにそのイヤな気持ちを使うのか。

光る葉


感情というのは、自分自身が産み出したものです。
言葉にせよ、感情にせよ、すでに産み出してしまったものを「なかったこと」にはできません。

産み出したものということでは、わが子と同じ存在です。
ということは、自分が産み出した感情は、どのように育てて、どのように終わりを迎えさせてやるのが良いのでしょうか。

arigato


感情を、狂気・凶器とせず、他者と自分を傷つけないように扱うこと。
これを模索することが、一人ひとりが向き合う人生の課題かもしれません。
言葉や感情を供養する心・・・そういうところに行きつくのかも知れないと思いました。

南無遍照金剛

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry06/08のツイートまとめ

Older Entry06/07のツイートまとめ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >