ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags:  育児  教育  祈り  

集団の形 ~良いところを伸ばすこと~


10年前に、短所と長所のことを書きました。
人の短所は消えないので、長所を伸ばすようにすることが大事です、という内容です。
圧倒的な長所を作ることで、短所そのものを味方につけるということです。
【関連ブログ記事:闇と光◆短所と長所の活かし方


今月はじめに守護の方から、「あらゆるものを否定してはいけない」 と伝えられたのですが、
その意味が、10年前のブログ記事とやっとつながりました。
思えば、無意識的に、そのことをベースに思考していたことにも気づきました。
同時に、これを実践することの難しさをも思わざるを得ません。

イヤなことをされるとイラっとしますし、余計なことを依頼されると面倒だと思ったり・・・
在るものを否定するな
という教えは、それをそのまま受け入れることです。

明恵上人


私が大好きな明恵上人は 
あるべきやうにあること
 を説かれましたが、その精神とも繋がるのではないかと思いました。

「人は阿留辺畿夜宇和と云う七文字を持つべきなり。
 僧は僧のあるべき様、
 俗は俗のあるべき様なり。
 乃至、
 帝王は帝王のあるべき様、
 臣下は臣下のあるべき様なり。
 此のあるべき様を背く故に、 一切悪しきなり。」


自分自身の あるべきやう(自分らしさ、自由など) を求めるなら、
他者や他の事象すべてにも あるべきやう を認めないと不公平です。
どんな極悪人であっても、
自分をいじめる存在であっても、
宇宙に許されて在る(存在する)わけですので、これを否定したところで消えはしません。
かといって、そういうものを殺すほどの勇気も力もありません。
では、目の前に存在しているという事実と、どのように付き合っていくのが良いのでしょうか。



そんなことを考えていたら、武田邦彦氏がよいお話をされていました。
人の群れを改善する・・・という内容でした。



動画で言っている内容です。↓
生物には固有の形があり、同時にその群れにも形あります。
人間社会には一定数の悪い人が存在します。犯罪者や法を乱す者たちなど。
そういう悪いと部分を切ったとしても、
「人間社会の形」は不変なので、元の形を維持しようとする。
切られた悪い部分の役割を担う者が現れてきて、再生します。
ですので、人間社会をより良くするには、
いい部分をさらに高次元に引き上げてやる必要があります。
いい部分が引き上げられると、
「人間社会の形」は、その形を維持しようとするので、
必然的に末端の悪い部分も上昇せざるを得ません。

・・・・・たいへん共感できます。
このお話から個々の生命のこと、宇宙のことまでいろいろなことを思えます。


自分が言ったこと、やったこと、思ったことは、もう消し去ることは不可能です。
自分が生み出したものです。
性格も同様に、短所はそれを含めて自分自身ですので、切除することはできません。
短所を修正するというのは、つまりは自身の長所を伸ばすことに他なりません。


害なすものを批判しても腹が立つだけですし、
言って理解できない者を相手にしていてもラチがあきません。

「子供のように無邪気でいること、でも軽率ではなく用心深くね。
無邪気さと用心深さ、そして平和と自衛の難しいバランスを保つように。」
  (アミのお母さんのことば)




この世に在ること、その不思議さと面白さを思います。
当ブログが何かのお役に立てれば幸いです。

南無遍照金剛。

神々の光



関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry知られる歴史などほんの僅かです。

Older Entryさくら夢譚

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >