ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 聖徳太子  我孫子市  祈り    教育  

聖徳太子立像:我孫子市新木 ~あらき~

我孫子市新木には不葺合神社がありますが、その近くに新木太子堂というのがありました。

太子堂01


今年の正月、不葺合神社へ詣でた後、存在を知らずに前を通り過ぎたら呼ばれました。

階段を登ると黄色のお堂がありました。
この色にも感じるところがあります。

33_taishido (2)

33_taishido (9)


場所です。


◆猫の足あとさんによる詳細ページです。→ 新木太子堂
すぐ隣に浄土真宗本願寺派真栄寺というお寺がありますが、こちらの太子堂は真言宗豊山派に属する堂宇とのことで関係はないようです。

周辺には祠や石碑がいくつかありますが、こちらの写真の祠の横には八幡大菩薩と刻まれた石碑が建っていました。
33_taishido (6)




中学で日本の歴史を習っていた時、疑問だったのは東国出身者がやたらと多いことでした。
中臣鎌足、安倍晴明、小野小町、畠山氏、比企氏など、有名どころはほとんどが東国出身者(伝承も含む)です。
東国からわざわざ関西くんだりまで行く意味が、当時から理解できませんでした。
また、幕府にしても、朝廷が関西にあるのに、わざわざ目の届かない鎌倉に置くというのも、普通に考えると疑問が湧きます。

年月を経て、いまはその辺のことも含めて疑問が解消されてきましたが、
「普通に考えて」おかしいなことは、やはりおかしいのだと思います。


我孫子市新木の聖徳太子堂には扁額がかかっていますが、その後ろには鏝絵の龍神様が鎮座されています。
額の裏には「大工田口吉松刀」と刻んであるそうです。

33_taishido (10)


太子堂13



お堂の中は装飾もお供え物もなく、ただ聖徳太子像が安置されているだけでした。

太子堂12



聖徳太子立像といえば、以前ブログにも紹介しました、行田市の天洲寺の聖徳太子立像が有名です。
天洲寺の住所は行田市荒木です。我孫子は新木ですが、音としては同じです。
何か共通するものが感じられます。
行田市荒木の天洲寺には、昨年末に参拝しました。
その時の写真と、以前にも転載した天洲寺聖徳太子立像の説明です。↓

行田市荒木天洲寺0

行田市荒木天洲寺22

行田市荒木天洲寺1

行田市太子立像


火事や何かで消失する寺院、神社もけっこうな数があるのですが、焚書と同じような火災もあったはずです。
明治時代には神仏分離で相当な数の寺院と神社がつぶされました。
火災、政治的破壊などのせいで古代から続く貴重な系譜、謂れ、由来なども破壊されてしまいました。
市町村統合などで古代からの地名も薄っぺらいものに変更されたところもあります。
時流の流れといえば罪悪感も和らぐのかも知れませんが、そこに込められた深い意味合いまで思いを向ける人はどのくらいいるのでしょうか。


人は肉体のみで生きるのではありません。
肉体はアバターに過ぎません。物質世界で過ごすための方便です。
そこに宿る霊、魂こそが真の世界です。

そういうことに心を向ける時間のあることを願います。

南無遍照金剛






関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entryんめ三昧

Older EntryPlum Blossom

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >