ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 教育  育児    祈り  宇宙  

自分の内なる宇宙を航海する


大学の時、親しくしていた友だちの一人が見せてくれたビデオがありました。
それは宇宙を旅するSFドラマでした。



Space, the final frontier.
These are the voyages of the starship Enterprise, .
It's continuing mission, to explore strange new worlds,
to seek out new life and new civilizations,
to boldly go where no one has gone before

宇宙。そこは最後の開拓地。
これらは宇宙船:エンタープライズ号が
未知の生命と文明を求め、
人類未踏の宇宙を、勇敢に航海した物語である。




このドラマは、私が生きる希望を見つけるきっかけとなったものです。

小学低学年の時に「この地球は悪魔の星だ」と感じ、
生きる希望を見いだせずにずっと過ごしてきた私にとって、
未踏の宇宙を航海し、異星人と触れ合うという内容はかなり強烈でした。

そうだ、地球なんて狭い視野でなく、宇宙に師匠を求めればいいんだ。
今まで地面の上を這いまわっていた意識が、一気に宇宙に引き上げられたようでした。

香取神宮奥宮 光


冒頭の動画のセリフでは、宇宙は最後の開拓地と言っていますが、
私たちが開拓すべきは宇宙ではなく、自らの心、これしかありません。

私たちは神の子として、今生この肉体に宿りました。
自分の内なる根源の所に、神仏から分けていただいた光があります。
これが真の自分の本体であり、神仏の分け魂としての自分自身です。
それに気づかず、見つけられずに、道に迷っているのが私たちです。
この地上において、まずすべきことは、
忘れてしまっているその光を見つけ出すことです。
それが日々の心の向きのチェックであり、内観であり、瞑想などです。

勇気を以て自分自身を深く探求すること、これが真の航海です。
自分自身の弱さや卑怯な部分、汚い心、怠惰や妬み、見下し、恨み、羨み
・・・そうした自分の弱さ、脆さをしっかりと見据え、
それらを少しずつ克服、圧倒するような者になることです。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。





関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry歴史を 自分の感覚の届くところに置く

Older Entry掌の安心感

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >