ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    祈り    

掌の安心感

動植物は、自然界の営みの中で、本能をベースとして生活をしています。
基本的に、環境を変えていく力は持っていません。
与えられた環境に依存した営みです。


これに対し人間は、人間が住みやすいように環境を整えたり、改造して生活を営んできました。
そしてその環境を変える力は、地球全体に影響を与えるまでになりました。


思っていただきたいのは、人間は環境を変える力を持っていますが、その使い道はいろいろあるということです。

私たち人間は、開発しまくって森も山も壊すことができます。川を開発して巨大な用水路、排水溝に仕立て上げることもできました。




しかし一方で、はげ山に植林をし、乾燥地帯を緑化し、荒れ地に田畑を作ることもしてきました。




人間は、環境を変える力を持っています。
地球では人間だけがもっている尊い力です。

この力を破壊に使うか、再生と創造に使うか。
この選択肢は人間が自ら選ぶ自由があるのです。



お子さんが腕の中ですやすや眠る姿を見て、愛おしく思わない人はいないと思います。
うちの猫が膝の上で眠る姿を見てかわいいと思わない飼い主もいないと思います。
私が昔飼っていたセキセイインコは、掌の中で安心して眠っていましたが、とてもかわいかったですし、私も幸福感を感じました。







動物にせよ、赤子にせよ、安心して眠る姿を見ていると、
この子たちのために幸せな世界にしてあげたいと思うのが人の心かと思います。
安心して手の中でおやすみと。


地球人は地球という母の掌の内にありますが、いまだ安寧を感じず、感謝をせず、お互いが争いあっている状況です。
どうして一つ掌の中にあって、お互いが傷つけ合う必要があるのでしょうか。


利害関係の奥にあるのは何でしょうか。


せっかく人間として今生の生命を過ごしております。
人間の力を、宇宙の法に沿うた形で生かしてまいりたいものです。


南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry自分の内なる宇宙を航海する

Older Entry自立型ロボット

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >