ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々思うこと   Tags: 自由  平等  平和  人権  育児  教育  権利  

思い違いの自由、平等、人権が破滅を招く。


馬渕睦夫氏のこのシリーズはいろいろと、考えるヒントをくれています。↓




私たち人間一人ひとりはひとつの生命体ですが、数多くの細胞と言う生命が協調して支えてくれています。
たくさんの細胞がありますが、それらは役割ごとにある程度の集団を作り、各種内臓を作っています。

naizou

地球に言い換えると、臓器と言うのはそれぞれの文化圏、簡単に言うと「国」です。
臓器という国は、もっている独自の働きを生かして活動しています。
そしてその活動は、人間というひとりの生命体を健康に健全に活動する手助けとなっているのです。
ここに細菌やウィルスが入り込むと、健全な活動が阻害されるために、人体は細菌やウィルスを撃退します。この撃退を非難する細胞がいるのでしょうか?
細菌やウィルスも生命体だから平等だ!入ってくるのは自由だ!権を認めろ!という細胞がいるでしょうか?

・・・ところがいるのです。驚きます。



恐ろしいことに、何でも 「自由だ、平等だ、人権を認めろ!」 と主張する人が、この地球上の人間の中には多く出てきました。
少数派の意見をきけ!
一人の命は地球より重い!
人権や平等、自由を叫ぶ人たちの主張を聞いていると、以下のようなことになります。

例えば、心臓出身の細胞が肺に入るのは自由であり、細胞という生命体はみな平等であるので、心臓細胞が肺に移住して来てもその人権を認めろ、と。
この論理で行くと、外から来たウィルスや細菌もひとつの生命体である以上存在は平等であり、入ってくるのは自由である。よって彼の主張を認め権利を与えろ。彼のような少数派の意見を蔑ろにするな!


病気 



書いていて目まいがしますが、大真面目にこういう主張をしている人間と組織がいるのです。

・・・実に嘆かわしいことに、そういう無分別な主張をする人たちの声が日増しに大きくなっています。
この世の文明は最低レベルを突き抜けています。
このままどこまで堕ちるのか、宇宙最大の見世物かも知れません。
こんな星に生まれたのも業のなせる結果として受け止める他ないのですが、地球に生まれた以上連帯責任の一端を背負うことになるのです。どう思われますでしょうか?そして、どう在ればよいでしょうか?


以上、皮肉を混ぜて書きましたが、あらゆる選択をする自由を与えてくださった宇宙は、なにも手を出すことはできません。決めるのは地球人です。・・・・・この意味はとても大きいのです

刈り取り


人は自分が蒔いた種を刈り取ることになるのである。
天罰はない。
すべては自ら自分に課した十字架である。




南無遍照金剛。


 
関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry朝の空 と 心の空

Older EntryLiving to make the earth healthy

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >