ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:    教育  祈り  天皇  

見えない恩恵



日本に天皇陛下が在らせられることによる恩恵は膨大です。
日本人というだけで世界中から一目置かれることも、天皇陛下のご存在によるところが大きいのですが、
日本人として在る者ですら、その恩恵に気づくことができない愚か者がおります。
日本人として、どれほどの恩恵に与っているか少し考えてみろと叱責したくなります。
みえない所でどれほどの人に助けられ、どれほどのものに支えられているのか考えてみろと。

天皇の存在は、見える形で、最高の形でそれを示してくださっていますので、素直な気持ちでよくご覧になることです。
私も中学時代までは天皇廃止してもよいのではと考えていましたが、あまりにモノを知らない、恩知らずの馬鹿者でした。

ついでに余談ですが、先の戦争で沖縄が捨て石にされたなどと馬鹿なことを主張する人もおりますが、これもまた当時戦地に赴いた人々、沖縄戦はもとより空襲で命を落とした膨大な数の国民に対する思いがあまりにない主張です。よく当時のことを勉強してください。
私は当時の帝国議会録や諸々の記録の多くを読みましたし、戦争に行かれた方にじかにお話を聴くこともあった上でこのように申し上げるのです。



誰かに直接世話になれば、誰でもそれに感謝はできます。
しかし、見えない所で自分のことを支えてくれている人がいることに気づくことは、自分が意識をして考え、見つめることでしか理解できません。これも自己内観のひとつです。











自身の心の垢に気づき、よく落とせますように。
南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry自分の頭で考える → 生きること

Older Entry人生に、遅きに過ぎたということはない

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >