ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags: 教育  育児    祈り    

人生に、遅きに過ぎたということはない

馬渕睦夫氏を知ったのは、恥ずかしながら今年になってからです。
私にとって大事な人か否かは、最初の印象で凡そ分かりますが、この方も画面の第一印象からそうでした。

私は小学3年生の時、この世界はろくでもないバカげた世界だと感じていましたので、生きることが馬鹿らしくて嫌になっていました。その気持ちは社会人になってからも消えることなく、魂の抜けた亡骸のような日々を過ごしました。
人生の意義や楽しみを見いだせるよう転換し始めたのは10年ほど前のことです。
それまでの経験が、次々と繋がり始め、ここ数年でやっとの存在が身近に感じられるようになってきました。
ようやく生きるのが楽しいと思えるようになりましたが、この世的な年齢としては少々遅過ぎました。
・・・しかしながら、人は出会った時が最良の時でもありますので、この機会を大切にしたいと思います。

It is never too late to become what you might have been.
なりたい自分になるのに、遅すぎるということはない ~ ジョージ・エリオット~



馬渕睦夫氏の話は、私の今まで感じていたこの世の世界の疑問をたくさん解消してくれました。






よき思いで過ごせますように。
南無遍照金剛。


関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry見えない恩恵

Older Entry堪え忍ぶが忍耐か?

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >