ぽた☆Photo

自転車、アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 教育    祈り  育児    しづく  

堪え忍ぶが忍耐か?

ここ半年ほど、エドガー・ケイシーに関する書籍を読んでいます。
以前から存在は知っていましたが、そんな人がいたんだという程度の認識でしたが、読んでいると大変楽しいです。

最近よく行くエドガー・ケイシー関連HPです。→ ●日本エドガー・ケイシーセンター 




私の現在の心のお師匠様は、地球は宇宙の監獄であると申されています。私はこの言葉が実感としてよく理解できます。
何度か書いておりますが、私は小学3年生の時すでに、今の世のあまりの酷さに絶望していました。ろくでもない世界だと感じて暗澹たる気持ちでおりました。以来、社会人になっても、この世は地獄という気持ちで光明を見いだせずに過ごしてきました。実に空虚な日々でした。
唯一の癒しの場が神社や寺院であり、祝詞や声明の美しさが耳と心の安寧でしたが、何故にこの汚い世界で生きねばならないのかという理不尽さに憤りすら覚えていました。
今は当時からの暗黒世界から抜け出しつつあり、光の存在を感じ、明るく楽しく有意義に過ごす日が多くなっております。
求めて、努力をしていれば、必ずその想いに感応して、諸々の助けと繋がることができると思います。



もうすぐ新年です。
新たなる扉を開く前に、自身の心のなかの浄化もしたいものです。
南無遍照金剛。




関連記事
スポンサーサイト



-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムもやってます。
Instagram

Newer Entry人生に、遅きに過ぎたということはない

Older Entry天長節 ~心に棲む悪魔を知る者~

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >