FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

23日は新嘗祭 ~日本の収穫祭~

2018年11月21日
日本の面影 Glimpses of Japan 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
鹿島神宮新嘗祭


23日は日本の収穫祭に当たる 新嘗祭 です。
冒頭の引用は鹿島神宮のHPからです。

↓は 新嘗祭の概要を Wiki から引用しました。
新嘗祭


関東には日本の三大神宮のうちふたつが鎮座しておりますが、これはかつての日の出る国、エン国、ワが東国にあったことの証左です。現在の伊勢神宮の創建はずっと後の時代で、太古から鎮座していたのではありません。
余談ですが、伊勢というのはイタリア→ローマ帝国の息がかかっているのではないかと思っています。

話を戻します。
新嘗祭は、宮中の祭事でも重要なものです。
天皇は世界を代表する最高司祭とお考え下さい。 天皇とよき人々の祈りがいまの地球世界をかろうじて維持しております。

こちらは香取神宮のHPからです。↓
香取神宮新嘗祭



食物の収穫を天地地祇の神々に感謝する日です。
日本では秋は稲の収穫を行う時期にあたります。日本には、古来より神々に食物や農作物の恵みを感謝し祝うといった風習がありました。
お米の稔る期間の事を稔(とし)といいます。稔と年は同じ意味です。
新嘗祭の「嘗」という字には、「なめる、味わう、穀物を神に供する」という意味があります。

新嘗祭では収穫された初穂を天照大御神はじめ天神地祇にお供えし、五穀豊穣を感謝したあと天皇陛下も初穂を召し上がります。
戦前の日本人は天皇陛下が新穀をお召し上がりになってから自分たちもいただきました。


いただきます


そもそもこの世には自分のものなど何一つありません。すべては天地からのいただき物、預かりものです。
ですから、すべてのものを一度天地に戻し、それを改めていただくという気持ち、再確認する行為が大切と思います。人はすぐに思い上がってしまう存在ですから。

日本では食前に「いただきます」と合掌しますが、この意味をお子さんに話してみるのもよいかと思います。
先日紹介したホ・オポノポノでも「ありがとう、ごめんなさい、許して下さい、愛しています」という言葉も繋がるかもしれません。

育児というのは、特別なことをする必要はないと私は思っています。
当り前のことを丁寧に当り前に行うことが薫陶につながるかと思います。


よき祈りと共に在れますように。
南無遍照金剛。
祈り




関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.