ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 身体操作   Tags: 医療  ワクチン  予防接種  育児  教育  

ワクチン


・病原菌やウィルスも生命体である以上、人体内に住みよい環境があればそこで繁殖する。つまり、病気は自らが招いた結果であり、原因をよく反省し、修正することが必要。

・病気を治すのは薬ではない。自らの免疫システムである。薬は免疫システムを補助するものと心得、助けの必要度と使用の可否をよく精査すること。



体調を崩しやすい季節となりました。
これから寒くなってくると、インフルエンザなどの対策は必要です。

いつもこの時期になると、職場や国はインフルエンザの予防接種をしましょうというと思います。 →【厚生労働省 予防接種情報

ここ数年、世界的に”はしか”が流行しているようです。
世界保健機関(WHO)によると、2018年の上半期、ヨーロッパの53カ国で、はしか感染者数が4万人以上にのぼり、40名ほどの死者も出ているようです。イタリア政府は昨年(2017)、6歳までの子どもが保育園や小学校に就学する条件として、10種類のワクチンの予防接種を義務付けてます。そして、子どもが予防接種を受けていない場合は保護者に罰金を課すことも決定されました。
これに対しては反対運動も起きています。 → 【イタリアの予防接種政策の教訓 『nature』 2018年2月21日



今の地球の貨幣世界では、余った在庫処分もやりますし、本来不要なものを推奨したりもします。必要のないことでもやらなければ収入にならないのですから、おかしなものは常に発生します。医療業界も例外はありません。
ワクチンや薬も在庫処分品、効き目のない薬もあるそうです。
予防接種をして障害が遺った事例、死亡した事例もありますが、それらもまた自らが予防接種をすると決めたのですから自己責任の部分があります。そういう意味で薬害訴訟というものには疑問もあります。



ワクチンは全く効果がないという人もおりますが、私はこれも疑問です。
発展途上国のワクチン接種の状況を見ると、効果はありそうです。ただ、これは環境や生命のレベルも関係があるように思います。
意識にはレベルがあります。同じように薬効にもレベルがあるように思います。
殺人や窃盗が日常茶飯な土地には、その土地なりの道徳レベルがあります。そこに日本の道徳レベルを求めても効果はないでしょうし、正直バカと思われるだけです。薬やワクチンにもそうした現象があるのではないかと思います。

いずれにしましても、予防接種というのは害なすものをあえて身体内に入れる行為ですから、国や会社がススメるからとかいう理由だけで安易に摂取すべきものではありません。一人ひとりがどういう思いを基盤においているのか、自分の人生はどう在るのかを明確にしておく必要を感じます。



心身共に無理のない日々を過ごされますように。
南無遍照金剛



関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry自ら病になりたがる者

Older Entry心と言葉は物質化する

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >