FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

暗闇に光を通すのも、自分の心次第です。

2019年02月18日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
前世の記憶を持っている人がいますが、ほとんどの人は前世の記憶など分かりませんし、その記憶にアクセスすることも困難です。
それ故に前世があったことすら否定する人がおり、死後の世界を信じない人もいます。

ハスの花


死後の世界がないのなら、
何のために生きているのか?
死んだ人を弔う必要性があるのか?
死んだら無になるのなら、どうして哀しいと思うのか?
・・・多くの疑問が出てくるのです。
死後の世界を否定する人はこれらの質問になんと答えるのでしょうか。

科学で捉えることができることなど、人間でいうなら爪の垢程度ですが、それすら気づけないのが現代社会です。
まともな科学者は、科学の至らなさを語っています。


死後の世界や魂、輪廻転生の話は、信じない人に実例をいくら示しても、何を言っても徒労です。
話せばわかるというのは「聴く耳」がある場合に限り有効で、それも「理解できる可能性が1パーセントはある」という程度です。
多くの場合は先入観や自身の思考、世間体などに縛られて抜け出せません。
自分自身で「おかしい」と思って、調べることができるかどうか。
自分以外に自分を救えるものなどいないということです。
自分自身が気づけるかどうかということです。
生活を流し運転している者に、気づきがあるのは、絶望的に少ないです。


お釈迦様は思考、感情すら所有の問題になると説かれていますので、心の点検はほんとうに難しいこととは思います。
それでも、毎日の中で数秒でも自分の行動、言葉に意識を向けることができるなら、そこに守護の方々も感応され、急速に心眼が開かれる方もおります。→ 「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」、回心、改心。

密封された箱の中に閉じ込められていても、針ほどの穴が開いたなら、一気に光が差し込むようなものです。状況が変わってきます。その針ほどの穴をあけるのは、自分の心がどこに在り、どこに向いているのか、この一点に尽きます。
当ブログで毎度毎度書いている、心の向き は、そういうことです。





なん百、なん千回と転生の旅を続けてきた私たちです。
神仏、宇宙の分魂である私たちが、神仏の元に立ち返れないはずがありません。
よき認識の復活を祈願いたします。

南無遍照金剛。


光る葉






関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.