FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

人体を地球にたとえる 01 ~調和~

2018年09月08日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
秋の光に包まれて


人体を地球に見立てると、いろいろな思いが湧いてくるかもしれません。

細胞→人
臓器→国
個体としての人→地球


人間の身体は約60兆個の細胞から構成されているといわれています。
その一つひとつの細胞が、自ら生命活動をおこなっています。

下記は人体の10器官系といわれるものです。

・骨格系
・筋系
・循環器系
・呼吸器系
・消化器系
・泌尿器系
・生殖器系
・内分泌系
・脳神経系
・感覚器系

自分自身の意識で制御できない部分は、すべてその器官を担当する細胞たちが動かしてくれているのです。

意識せずとも助けてくれている細胞たちも生命体です。
それらに対しての感謝や思いやり、いたわりを持てているでしょうか?
そして、自殺は、そうして尽くしてくれている細胞と無理心中することと同じと私は思います。

青色夢譚


「自分が~」・・・「自分の~」・・・と人は言いますが、それはどこまでが自分なのでしょうか?
死ねば肉体は土に還るのです。生まれた大地にお返しするのですから、これは自分のものではありません。


こういうところに気づけない人は、本当の意味で自分を大切にできていないのではないでしょうか。
自分自身への愛を自分のものだけに留める状態をエゴといいます。
 →所有の問題。愛を独り占めする所有欲です。そこからは羨み、妬み、憎しみ、欲する気持ちなどが生じて、心が穏やかになりません。
愛を所有して離さない状態からさらに進み、自身の内面を突き抜けて外に放出・展開するフィールドを作るのが愛のフィールドと思います。

「愛を手に入れるには、まず愛が感情ではなく、存在であるということを知ることだ。」
『アミ小さな宇宙人』

自身の肉体を構成する生命体の皆さんと、愛を共有して過ごせるのがいいと思います。

南無遍照金剛
美人

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.