ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags:    老後  年金  生活保護  介護  

年金やめて生活保護でいいんじゃないの?

介護現場で高齢者と共に過ごしていて、いつもどうにかならないものかと思っているのが定年のことです。
介護現場から見ていて感じるのは、定年後の危機は女性より男性のほうが深刻です。男性の場合仕事をしないと何の役にも立たないというと失礼ですが、生きる意義や楽しみを見いだせない方が多いです。まだ心身共に働けるのに・・・です。

今は70代でも労働力として十分通用する方が大勢おります。
80代でも元気にされている方も増えています。
決められた年齢に達すれば戦力外通告される制度はもう不要と思います。
年金制度は廃止し、生活保護一本化すればよいのではないかと思います。

年金制度は支給年齢の引き上げがされていますので、もはや制度としての矛盾が大きくなっていると思いますし、国の財政の問題と照らし合わせてもそろそろ撤廃を検討してよいのかと思います。


おじいさんおばあさん


年金制度は廃止し、その代わりに生活保護法を適用すれば済むかと思います。
生活保護は、「資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度』です。年金とどこが違うでしょうか?と個人的に思います。

ただし、生活保護の問題点としては濫給と漏給という大きな問題が生じていますので、年金廃止云々に関係なく、法律の穴をふさぐことと運用の改正が早急に必要です。


物事はなんでもシンプルに、誰にでもわかりやすくすることが大切です。これは法律文書も制度も同様であるべきです。


そんなことを書いていたら、タイムリーに同じような話を武田邦彦氏がされていました。




労働はいいことですが、人生を通して自己を内観し、より高次元の光に近づく努力をすることが、誰もが行うべき真の労働です。
魂の成長、想いの向きを光りに向けることがヒトとしての最高の労働の在り方と思います。

南無遍照金剛。




関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry切り折り紙のザリガニ

Older Entry自己責任

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >