ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  祈り  平等  

世界初の人種差別撤廃提言

江戸時代、にほんは鎖国をしていましたが、海外情勢に関しては現代よりもよく分析していたかもしれません。


キリスト教の歴史は、中華思想と似ている部分がありますが、中華思想よりは支配欲が強い様に思えます。
戦況と言うのは、自分たちが知らない「未開の地」にキリスト教を広めることではありますが、宣教活動とした現地調査を行い、その報告書をもとに占領作戦を練り、最終的には植民地化することが目的だっと言ってもいいと思います。
アフリカをはじめ多くの地域で奴隷化・搾取、虐殺が行われ、大東亜戦争で日本が立ち上がる時には、アジアはほぼすべてが植民地と化していました。こんな周辺状況で日本がのんきに居れるわけはないのです。


世界史上、『人種差別はやめよう』 と世界に先駆けて発信したのは日本でした。



日本は古来から大陸からの民を数多く入れてきた多様社会です。
日本は単一民族などではありません。多民族を受け入れる体質がありました。
基本的に、集落、部落と言うのは価値観を共有できる集団です。
日本の歴代幕府はキリスト教の危険性をよく理解しており、禁教としています。
さまざまな民族の良き性質を取り入れ、悪しき性質のものは捨てて独自の文化を高度に練ってきたのが日本です。
多様性を謳う国々の現実と比べると分かりやすいかもしれません。

日本は世界各国の頭をひとつ抜けたところに在ります。かつては埃及の地でした。
その象徴は天皇陛下に集約されますが、ここを理解できる人はかなり少ないです。

・・・諸国民平等の原則は、後の日本が掲げた 『八紘一宇』 → 世界は一つ屋根の下の家族に・・・に繋がるものです。
八紘一宇という語に反発する人がいるかもしれませんが、言葉狩りでは意味がないことは思わねばなりません。物事はその奥にあるモノを見る必要があります。
本来、地球に住むヒトは、地球人としてひとつであれねばなりません。これが八紘一宇です。

不和がある状態は、人体で言うとウィルス、病気と闘っている状態です。
ここを思える人物が世界各国の長になるべきですが、現実は見ての通りです。

今の地球表面世界に望みはありません。ゆえにイエス様やお釈迦様は地球世界から抜けることを説かれております。

kp_kumeta (5)


歴史も感情を抜いて俯瞰し、反省すべきを反省して「進んでいく」ことが大切です。
振り向いてばかりいると足元の小さな石にすら躓いて転びます。隣国は悪しき行いの好例です。
よき光と共に在れますように。

神々の光


・アジア諸国の独立
 
関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry伝える

Older Entry食いつぶされる日本

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >