FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

他人のパンツははきたくないが、他人の血は入れるって?

2018年07月05日
日々思うこと 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


私は小学生の時に、この世が狂っているおかしな世界だと感じて生きることの意義を感じられませんでした。
その思いは社会人になっても続き、ようやく10年程前に神仏の存在を感じるようになってから、生きることの意味や生きがい等を見出しました。・・・・長かったです。

私を悩ませ続けたものの一つが「常識」というやつです。
「普通」と言い換えてもいいかもしれません。

「普通」というのは、個々の家庭、集落、町、地域、地方、国によっても異なりますし、それ以前に、個々人ですら何が「普通」かは違っていることも多いものです。
例えば、食パンには何を付けて食べるのが普通でしょうか?・・・いろいろな普通があります。

そしてこの世に「常識(=普通)」とされているものの多くが、利権がらみで歪められていることが多いです。
典型が医療や健康に関する情報です。
私は個人的にはワクチン接種輸血などやめた方がいいと思っていますが、それは人それぞれが自ら考え、調べ、覚悟を持って選択をするものです。

ワクチンや輸血で病気にされた人も多いです。死んだ人・・・というか実質的には殺されたも同然ですが・・・。
輸血にしても、他人の血を体内に入れることがどういうことかをしっかり考えてみたことがあるでしょうか。
しかもその血は、どこの誰とも知れない者のものです・・・。
変な譬えかもしれませんが、誰かがはいたパンツをはくことを嫌がるのに、他人の血を体内に入れるのは平気ですか?
血は、どういうものなのかを考えたことはありますか?

血液

・・・これも教育や常識がなせる結果です。教育と言うのは傭兵を育てることが最重要課題です。言うことを信じる者、命令に従う者を作り上げるシステムです。←は極論ですが、基本としてそういう性質をもつものと言う認識が必要です。(だからこそ各家庭での日々の教育が更に大事になります。)

大事なのは、個々が情報を調べ、学び、判断することです。
自分の意識を掘り下げて、「本当の自分の思い」に気づくことから本当の「普通」「常識」が見えてきます。






よき光と共に在れますように。







 
関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.