ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags: 育児    教育  

固定観念

人は、自分の意見に縛られやすいです。
自分の考え方と違うことを言われると、イラっとした経験があると思いますが、こうした反発的感情を覚えること自体が、自分の考え方に固執している可能性があります。
その固執した思考は、本当に正しいものなのか?と考え直してみることは、これは内観、内省です。

ikouinaridou


アカデミーというのは、おおよそが固定観念の集団で、違う思想を持つものを排除します。排除することでますます自分たちの利権、思考が強化され、固執はますます強くなります。
この過程は個人の場合でも同じことで、意見に聞く耳を持たないことは、自分自身への固執を強化する方向へ行きます。

アカデミーでは自分の研究結果が否定されると、権威が落ち、食いっぱぐれることにもなりますので、のちにあの結果は間違いでしたと言うことは困難です。
名誉、お金、利権など、大きな荷物が不随しているのです。
お釈迦様もイエス様も身一つで説法しました。これは「荷物」は少ない方がいいというこのを譬えを表しております。
現代社会ではお金に支配され、お金が人を使役している世界ですから、お金がなければガスも水道も家も失います。大きな「荷物」を背負って生活しているのです。
これを幸せな世界、当たり前の世界と思っているなら、それはそれで幸せなのかもしれませんが、果たしてどうでしょうか。




他人の言葉には耳を傾けた方がいいです。
特に悪口や批判にはよく耳を傾けてみてください。そこには自分が気づかない自分の行動、言葉、心がよく表れています。
悪口、批判は検証し、自身の成長になる部分はよく取り入れ、不要な部分は切り捨てることが大切です。
過剰に反応してすべてを否定してはいけません。
過大に受け入れて、自身をいじめることもダメです。

思考の軸足を持つことは大切ですが、それは固定観念に縛られることとは違います。
自分を持つことは大切ですが、自分の考えに固執することとは違います。
常識を身に着けることは大切ですが、常識を鵜呑みに信じることとは分けねばなりません。


思いはすべて光に照らしたときに、そは光の思いに適っているか否かを考えるように習慣づけること。


よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。


信仰の骨髄


関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry君が代の歴史

Older Entry古代の巨石文明の人々は石をこねた?

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >