ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  祈り    教育  歴史  島原の乱  

「歴史」とは自分の生い立ちことです

思い込みは偏狭な思考と態度に繋がります。自己洗脳です。
また、親兄弟、先生などから洗脳されてしまう場合もあります。

オリオン座


私は歴史にこだわっていますが、歴史というのは「自分自身の生い立ち」のことです。生涯の中で何を感じて何を思い、何をしてきたかを内省すること。これが「歴史の始まり」です。
そこから両親の歴史、祖父母、曾祖父母と辿り、日本の歴史、世界の歴史、そして最終的には自分の魂の根源である神仏へと還ることです。
その為に魂の転生を繰り返し、魂磨きの旅を繰り返しています。銀河鉄道、星めぐりです。

光る葉


歴史小説、歴史ドラマなどは、日本人の真実のルーツを忘れさせるためには最高のツールであり、洗脳効果が極めて高いです。

何度か書いていますが、歴史小説や歴史ドラマというのは、どれほど詳細な史料考察したところで、小説やドラマという形に仕上げた以上ファンタジーであり、日本の歴史などではありません。ドラマは特に女性は簡単に洗脳されてしまいますので、ご注意ください。

学校で教育される歴史教育はかなりいい加減なことを教えています。日本国民を馬鹿にしているレベルのものも少なくありません。
こうした、歴史を意図的にゆがめて教えていると感じる事例はいくつもありますが、参考になるブログがありました。
島原の乱についてのブログ記事です。↓
『島原の乱の一揆勢が原城に籠城して、どこの支援を待ち続けたのか』
簡単に言うと、島原の乱は宗教的動機からのもので、重税に対する怒りが直接的動機などではなかったということです。
学校では重税にに苦しんだ農民が結託して反旗を翻したと私も教わりましたが、とんでもないことです。
そして挙げたブログ記事にも書いていますが、一揆勢は鉄砲も多数所有しておりましたが、こんなものただの農民や商家程度では調達することは不可能です。
島原の乱は耶蘇会が支援したと考えるべきです。



キリスト教が危険であることは、秀吉も家康も経験から知っていたようです。
以前にも紹介した、キリスト教の黒歴史です。↓


関連するブログ→島原の乱の最初にキリシタンは寺社を放火し僧侶を殺害した

私はキリスト教が大嫌いでコテンパンに書きますが、イエス様のことは大好きですし、大変に身近な存在のお方です。それ故、イエス様を転利(利用)する者どもには心底怒りを覚えます!まことに鬱陶しいです。


島原の乱ひとつからも、何を信じて何を思い、何を行うかについていろいろ考えられますし、情報がどれだけ操作されているのかも感じられるはずです。

今月は一年の折り返しの月です。
今月も心穏やかに、よき光と共に在れますように。

南無遍照金剛。

神々の光



関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryあけぼの山農業公園の朝

Older Entry感覚の違い ~ツバメの巣~

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >