FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYからどうぞ。

自己愛の延長にあるもの

2018年04月17日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
ツイッターで目に留まった言葉があります。

ツイッターのことば


こんなことを考えました。

結婚というのは人生の中ではかなり大きな節目となりますが、
何のために結婚するのか? 
この問いに答えられる人がどれくらいいるのか?


ただその時に好きだったから結婚した?
みんなが結婚するから私も・・・?
さみしいから、不安だから・・・。
これらの理由付けは意味がありません。

政府や国は、子どもを産んでくれないと税金をむしり取れませんので、国民には「産めよ増やせよ」と言いますが、これもその発想自体から悪意あるものです。
人間が作り上げた都合によるものはすべて詭弁、騙しです。

同じように、自身の都合によって作り上げる常識、思い込み、理想、ノルマなども、よく見つめ直すことは必要です。
自分が自分を洗脳していることは意外と多いのです。
それが思考の足かせとなり、自身を縛り上げて、苦しみや不安を作り出します。→蛇に巻かれる、霊的蛇の締め上げ


上に引用したツイッターで、子どもを虐待してしまう「彼」の心はどこにあったのでしょうか?そして今、どこにあるでしょうか?
個々人が、自分自身をよく精査、分別する必要があります。


これは結婚の話に限りません。
私は高齢者施設で働いておりますが、自分自身を生きれていない高齢者も多いなと感じます。
必死に生きてきて、気づけば自分が何者であるのかも分からず、人生の意義も感じられない。楽しみもなく・・・これではキリスト教的に言う 「迷える子羊」 という感じです。仏教的に言うと「無明」でしょうか。




人は誰にも神仏や守護霊さまなどからスポットライトが当てられております。
その光を感じるように自身を調整できるのは自分以外にありません。
自分自身の心の中を深くふかく探求すると、そこに本当の自分がうずくまっています。
その自分に手を差し伸べる慈悲を持つことは大切なことです。

よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

神々の光


関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
ご訪問、ありがとうございます。
心と魂を深く見つめることを大切にしています。
日々の生活は、そのまま魂の修養道場です。

初めての方は『当ブログについて』からどうぞ。
各記事へはカテゴリー一覧か、indexからどうぞ。

Comment(0)

There are no comments yet.