FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

転生を知ると、差別や暴力などとどう向き合うべきかが見えてくる

2017年10月11日
印象的な言葉から 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆

前世の記憶を持つ方は少なくありません。
そんなの妄想だという人は、世界中に多数存在する転生の記憶や話が嘘だと証明できるでしょうか。
科学では証明できないことの方がはるかに多いのです。

それ故、自然由来の人の生活に反することは、極力しないに越したことはありません。
→ 予防接種やワクチンなども危険です。

輪廻転生の話をなんども取り上げるのは、タイトルに書いた理由からです。
人としての生き方の判断基準になります。


人は宇宙の星々をめぐる魂の旅を続けており、今は地球という星を巡礼中です。
この地球は、残念ながら最悪の輪廻転生の場所です。嘘と暴力、欲望にまみれているからです。
ここはよく考えてみてください。
地球では一切が苦です。

・・・転生の話です。
転生を繰り返すということは、過去の歴史の中にあなた自身も生きていたということです。
その時は別の人種、別の性別、別の動物、別の国にいたかもしれません。
生きていた時代もさまざまです。
→ ご先祖様を供養することの大切さ、意味が感じられるでしょうか。

転生のことをよく認識したうえで目を向けていただきたいのは、
果たして国や民族同士の差別、争いとは、いったい何なのか、ということです。

黒人差別はいまもアメリカでは顕著ですが、今は白人でも、かつて黒人奴隷として過ごした人生があるかもしれません。
もしそういう魂の旅を過ごして来たのなら、かつての自分は、白人から迫害されていたわけです。
今生は白人に生まれたわけですが、そこで黒人差別を行う、黒人を蔑むとしたら?

学校にしろ家庭にしろ、教育ではこういう『現実』をお子さんに伝えることは大切です。
にほんでは古来から地獄極楽という真実の教育が当たり前でした。これをバカにした者の方がよほどのバカです。
・・・個々人でよくお考え下さい。

魂の旅は因果応報です。自業自得です。
これは、今の一回の人生での話ではありません。

そんな小さなはなしではないのです。
「どうして私がこんな目にあうのか?!」
「私が何をしたというのか?!」
そう思ったとき、自身の魂の旅のことを思うとよいのかもしれません。
魂の記録が今の人生に反映されていることを思うと、
今、自身が何を思い、どのような方向に心を向けていくのが魂のためになるのかが見えてくると思います。

死ねばチャラになる・・・・そんな都合のいい話などありません。

↓ に、転生に関する動画を2本と、関連リンクを紹介しておきます。

日々おだやかにすごせますように。
南無遍照金剛。


「僕は女性だった」前世を語る5歳の少年↓



ポロック家の生まれかわりの双子 ― 死んだ姉妹が転生した奇跡と前世のしるし

・転生を科学的に研究した人:イアン・スティーヴンソン

【 Ian Stevenson、1918年10月31日 - 2007年2月3日 】


子供によっては、「前世」で死亡してから今世に生まれるまでの中間生の記憶を持っている場合がある。
そうした「幕間記憶」をもつ子供たちが証言する「前世」の記憶は、その記憶を持たない子供より正確な傾向がある。[1]



関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.