FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

お釈迦様のこと 2

2017年09月04日
日本の面影 Glimpses of Japan 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
仏教は宗教ではありません。

仏教という宗教団体をつくったのは後世の人です。
お釈迦様は、人の道を、「生きること」を説かれておられます。
これはイエス様も同じです。イエス様はキリスト教などつくっておりません。

以前にも書きましたが、お釈迦様は仏教徒ではなく、イエス様はキリスト教徒ではありません。
もちろん「教祖」などでもありません。
「教祖」などというのは後世の人がかってに作り上げたことを忘れてはいけません。
なぜこの点を強調するのかと言いますと、人は権威や常識などに、たやすく洗脳されるからです。一度洗脳されると、違う考え方を受け入れらなくなり(固執・執着)、不快感から批判、攻撃するようになりがちだからです。
とどまる水は腐敗するのと同様に、思考も、とどまり凝り固まると、そこから腐敗してまいります。腐敗は毒となり、心も肉体と同じように毒されてしまうものです。


先日も、自称仏陀の生まれ変わりと寝言を言っている降伏の下学のバカタレどもが、うちのポストに冊子を入れていきました。٩(๑`^´๑)۶  妄信するバカどもでは霊的現象は見えないと思います。しかし霊眼でみればこれは悪しき波動と臭いにおいをまき散らしており、テロと同じことです。 こんなことをしている者には何か起きるかもしれませんが、なにが起きても「わたしが何をした?!」 などと喚かないようにしてください。自業自得です。


お釈迦様のお話は、生きる助け、指針となると思います。
なにが良きもので、なにが良くないものかという、自身の心を分ける強力なツールとなるものです。
そしてそれは「仏教」ではありません。
地球に生きる生命体、なによりヒトとして、どのように生きるのが良いことなのか。
いまこの肉体に乗っている自分自身にとって、いまの役割、できることはなにかということは、人それぞれに違います。
自身の能力を卑下せず、誇張せず、恨まず、羨まず、ただ自分自身としての生き方を見つけることは、人生において大事なことと思います。

自身の心を見つめる時間を、一日の中で30秒でも持てると、心の感じ方が変わると思います。




佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.