ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 育児    教育  祈り  家庭  介護  

君が代の歴史

日本人なら誰でも敬意を払う 『君が代』 の話です。
おかしな者が来るので最初にお札しておきます。【+-+-悪霊、邪気の侵入を禁ずる。+-+-】



自分が支え、世話になる国の国歌、国旗に敬意を払えないというのは、人として何かが欠落しております。
国歌に敬意を払うといっても、卒業式などで歌わないダメだ!と言っているのではありません。歌う歌わないのは個々の自由です。ただ、教師が国歌を否定したするのは職務放棄です。『学習指導要領』には国歌を生徒に指導できるように、という規定があり、教師になる者はそれに同意することが前提条件なのです。ですので、国旗、国歌を侮辱、否定する教師は教員資格剥奪されても仕方がありません。


国歌、君が代のことです。

なんでもそうですが歴史を知ることは大切です。→ 生い立ち、歴史、事の発端 ということです。自分が誰の子か分からずに苦しんでいる方は多いです。同じように、自分が何ものか分からなくて苦しむこともあります。これは「はじまり」を知らないことが大きく影響しているのではないでしょうか。

君が代の歌詞の歴史はかなり古いです。
『古今和歌集』の 賀歌 343 にその初出があるそうです。 雅歌とは、お祝いの歌です。おめでたいことです。
この歌を詠んだのは誰かと言うと、「題知らず 讀人知らず」ですので、誰が詠んだ歌かは不明であり、この歌のお題も不明であるということです。
わが君は 千代にやちよに さざれ石の いはほ(巌)となりて 苔のむすまで


 『君が代』のことも、竹田恒泰氏が詳しく解説されている動画がありました。↓



今の世相を見ていると、なんでも批判し、足を引っ張り、陥れたりすることに力を注イでいるように思えます。
今の国歌『君が代』がいやだというなら、別のものを提示して、賛同者を増やしていけばいいだけの話で、今あるものに対して罵詈讒謗する必要はないのです。ここにもその人の持つ心の問題が見えてきますが・・・。


物事はすべて、個々の心から始まります。自分がどこを信じ、どこに思いを向けているのかが大切です。
自分の 『キミ』 を思える人が増えますように。

南無遍照金剛。

【関連】
ジョン・ウィリアム・フェントン
・日本における国旗国歌問題

・日の丸、君が代問題

-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram



関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry行田市 古代蓮の里

Older Entry固定観念

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >