ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育  祈り  稲荷狐  神仏    

ページの紹介です。 白狐の話

本日は記事の紹介のみです。

インスタグラムやブログにもちょくちょく書いておりますが、稲荷神様の眷属である稲荷狐のお話です。
紹介するのは稲荷の総本山とされる伏見稲荷神社の関連のページです。

霊の世界を知っておくことは、ご先祖様への供養や、ひいては自身の死後の行き先の道標ともなろうと思います。
というのも、世間ではピンピンコロリがいいと、つまりは寝たきりにならず、認知症などにもならずにコロッと死ねるのがいいと言われますが、コロッと死んだ場合、自分が死んだと認識できないことが多いようです。
自分が死んだと思えない場合は冥土に行けず、当然生きているように振る舞います。これは霊的に見ると冥土に還れない迷子ということです。また、場所やモノ、人への思いが強すぎると、冥土に誘われても拒否し、執着する場所、モノ、人のそばから離れられず居座る地縛霊となったりもします。

古代蓮2016



以前にも書きましたが、311の後、タクシー運転手の多数が霊と遭遇したと言っております。これは亡くなった人が、自分はまだ死んでいないと思っていることに由来します。自分の死を認識できていないのです。
そういう意味では、死ぬ準備といいますか、心構えといいますか、自分の死をきちんと納めることが大切ということと思います。その為には、この世への執着をいかに手放していくのか、という心の練習が必要です。
これが私が常日頃書いている 心の点検 です。


霊の世界を信じなくともそれは自己責任ですが、霊の世界の知識を持っておくことは、死後の助けにもなろうというものです。
今回、下に白狐さんのお話をリンクしますが、そういう世界のあるのです。


白狐のお話 ← リンクをしております。クリックしてお進み下さい。

良き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。




関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryサービス付き高齢者向け住宅は施設じゃないのです

Older Entryお彼岸 心 思い

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >