ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 草花愛ずる◆Flower   Tags:  谷中    育児  

うめのはな ~護国山 天王寺~

フォト蔵の写真が見れないようです。。。メンテナンスは仕方がありませんが、ブログに掲載する写真は、やはりブログにアップした方がいいようです。(-_-;)

・・・久しぶりに、私の大好きな台東区谷中に立ち寄りました。

目的は天王寺の梅の花です。

天王寺の梅


こちらの天王寺は、正式には護国山尊重院天王寺という天台宗のお寺になります。日暮里駅南改札を出てすぐです。
天王寺は今回掲載している梅と、オカメ桜がかわいいので撮りに行っていましたが、職場が替わってからは経路上ではなくなり、すっかり遠のいてしまいました。

天王寺の梅一輪


護国山天王寺は、元は日蓮宗だったようです。
私は日蓮宗には霊的アレルギーがあり、日蓮その人が問題と思っておりましたが・・・そうでもないようです。問題の根本は、教義を捻じ曲げ、転利した弟子たちの問題が大きいようです。未だに日蓮を担いだバカな新興宗教がありますが、弟子の不始末は「親」にも及ぶことをよく思ってもらいたいものです。

いつも書きますが、残っている謂れや文献はほとんどが辻褄合わせの嘘っぱちです。真実は文字にはないと思うのがいいです。表面的な文字面には真実などありません。大切なのは心、思いです。
これを知っていた古代のにほん人やマヤ、ホピ、インディオなども、表象は使っても、文字など使いませんでした。大切なことはすべて口伝です。「はじめに言葉ありき」・・・言葉→真言が形となり色となり物質界に生み出されるのです。これは神仏の光の波動と言っても良いかと思います。光の波動が人体内の水に共鳴することは、当ブログの水関連記事でも書きました。
声や音も波動です。細胞も原子も光子も、すべては常に動いているのです。波動の海に漂っているので、良き波動は心身を癒やし、精神を高めることは当然といえます。

天王寺垂れ咲き



インフルエンザが流行っているようですので、十分にお気をつけてお過ごしください。

穏やかで佳き光のうちに在れますことをお祈りいたします。
南無遍照金剛。


関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryうめのはな (2) ~護国山 天王寺~

Older Entry天国からの奇跡 ~ MIRACLES from HEAVEN ~

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >