ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags:  育児  教育  神社  巡礼  pilgrimage  shrine  

東国三社 巡礼 2

香取神宮から息栖神社へ向かうまでに、たくさんの神社とお寺に寄りました。

道中の写真を動画にしました。




場所は地図にリンク。
宇迦靈神社
八幡山西福寺光明院
妙見神社
天台宗弘冨山福聚海院清水寺
木内大神
大六神社


■八幡山西福寺光明院
ここは通過予定でしたが引かれたので行きました。到着すると、驚くことに阿弥陀様がいらっしゃいました。
こちらの 光明院阿弥陀堂 は古い時代の建築様式がよく残っていると思います。村人たちのやさしい心が感じられて感動しました。指定文化財になっているようです。

■妙見神社

この神社に到着して、一瞬、印西市松崎の火皇子神社に意識が飛びました。
周辺の雰囲気がとても似ています。
地味な拝殿の奥に色彩豊かな本殿があり、予想外でした。

福聚海院清水寺 ←HPにリンクしてます。
こちらは当初、立ち寄るつもりはありませんでしたが、少し気になり行くことにしました。

神社にしてもお寺にしても、私は事前に何の神さまをお祀りしているとか、どこの宗派かなどはいちいち調べません。現地での直感を大切にしています。これで失敗することもあるのですが、直感は大事です。

今回の清水寺は「せいすいじ」と読みまして、私とは縁の深い天台宗でした。慈覚大師も私は高校時代から好きな方で、清水寺にもご縁があるようです。

木内大神 (きのうちだいじん)
木内大神の近くになると、馴染みのあるやさしい気を感じていました。神社の御祭神が豊受姫命となっており納得です。
豊受姫というのは伊勢神宮の外宮にもお祀りされていますが、木花咲耶姫というのもこの方です。日本人なら知らない人はいません。金星の女神様というのはこの方です。
何度も書きますが、世界の神仏は日本でもお祀りされているのです。地球人はひとつの家族でないといけないのです。この認識は世界全人類がきちんと持たないといけないのです。

■大六神社
第六天神、第六天魔王、大六天神・・・これらは関東地方が多いです。
いつも思いますが、東国というのは本来のにほんかと思います。そこにあるものを丁寧に見ていくと、原初のにほんの心や信仰心など、たくさんの大切なことが見えてくるんじゃないだろうかと思っています。
大六・・・とても意味深です。


佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛







関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entry思いや気持ちが飛ぶ時

Older Entry東国三社 巡礼

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >