ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日々雑感   Tags:  音楽    身体    教育  

水と音

音が形を作っていく。

聖書には、「はじめに言葉ありき」という言葉がありますが、言葉というのは音であり、波動です。
仏さまがお経を唱えると、その言葉がそのまま現実界に現れていくのを見たことがあります。←真言
これが「はじめに言葉ありき」という意味なのかと思いました。
言葉は力、ものを生み出す源なのだとも思いました。

音→波動が模様を作り出す実験は、小中学生の時に授業でやった人もいるかと思います。



以前、Foods! のカテゴリーに、祈りや言葉が水を変容させることを書きました。
水の入ったバケツをたたくと波が立つように、音が水に影響をあたえます。
いうまでもなく、人の身体はそのほとんどが水分です。
故に、良い音と聴く、良い波動に浸るということは、心身の水に波動が伝播され、全身の調整につながるということになるかと思います。


ここで思い起こすのは、シュタイナーの言葉です。
彼は、「432ヘルツでない基本音調の世界は、悪魔を勝利に導く」と書いています。
現在の楽器などは440ヘルツが基本だそうです。。。。

良い水が美しい結晶を生み出すのと同じように、良い音も美しい結晶を結びます。
下の図は向かって左が432Hz、右が440Hzの音を水に伝えた時の模様の違いだそうです。【引用元はこちら
良い音良い波動



汚い言葉や祈りが、水を結晶化させないのと同じように、汚い音や汚い振動というのが存在するのかと思います。

良い波動に浸ること、よい音に囲まれてそれらを聴くことは身体にとっても癒しになる、そう思います。

佳き光と共にあれますように。
南無遍照金剛。


関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer EntryThe Inner Light.

Older Entryいのちの理由

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >