FC2ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。 

孤独と戦う方法 ~人生のドラマに感情移入しているか?~

印象的な言葉から


孤独感はどこに住んでいるのかと言うと、自分の心の内にあります。
ですから、いくら身の回りにたくさん人を集めても、真の孤独感の解消にはなりません。
むしろワイワイ賑やかに過ごした後、とてつもない孤独感に襲われます。

孤独感は自分の中にいるので、それと向き合わない限り孤独感からは逃れることはできません。

teganuma_ashi


孤独感の原因を考えてみますと、自分自身に対する決意が足りないように私には見えます。
これは、さみしいと言う高齢者とたくさん関わってきた私個人の感覚です。

認知症のトリガーはやはり虚無感、喪失感、さみしさなどが多いようですが、それらはすべて孤独感です。


では、孤独感がどうして湧いてくるのかというと、私が思うに、これは自分自身と向き合えないことから生まれます。
自分自身と向き合えないことは、無明のひとつです。


自分自身と向き合えていると、孤独感など生まれません。
ここに自分自身が「存在して」「在る」からです。
自分が「在る」というのは、肉体としての自分一人がいるというのと違います。
そこには意思があり、意思は宇宙と繋がっているのです。
決して「自分一人」ではないのです。



孤独感は
「他者や他の生命への感謝の気持ちの欠如」
と言い換えることもできそうです。

孤独というのは自分本位の考え方です。

自分は愛されない。
自分は何もない。
自分はもっと評価されていいのに。
自分はもっと注目されるべき。
私を見て。
私を相手にして。
どうしてみんな私を無視するの?!
あの子はあんなに注目されているのに・・・!
・・・・こういう自己本位の気持ちが根底にあると思います。

求められれば気持ちよくなりホイホイなんでも請け負い、
求められなければ不安になり、孤独感に襲われてしまう。
妬みや恨みに発展する心です。これは、確固たる自分自身がないからです。


孤独感は、自分自身の人生を歩んでいないから生じるのであり、
自分の志向、思考を持っていないから生じます。
自分自身が、自分の人生を作っていくという意識が低いということです。


butsuzo 


人生はいつも自分自身が主人公です。
アニメやドラマや小説には必ず主人公がいます。
女性の多くはドラマの登場人物に感情移入して共感されるかと思います。
ドラマの主人公に感情移入するのは良いとして、では自分自身の人生というドラマに感情移入しているでしょうか?

自分の人生というドラマの主人公は、自分自身しかおりません。
他の誰も代わりに主人公を務めてくれはしません。



最後に・・・・孤独感は排除すべきですが、孤独は排除すべきではありません。

イエス様の荒野の40日間、お釈迦様の断食苦行・・・
イエス様もお釈迦様も、孤独から悟りを開かれました。
お二方共に孤独な修行を経ておりますが、おそらくそこに孤独感はなかったと思います。
自分自身と徹底的に向かい合っていたのです。
誰しも自分自身の最奥は宇宙に繋がっており、そこに孤独感はありません。

これは、私自身の経験からの感覚です。



ひとつ本を紹介します。
大好きな岡本太郎さんの著書です。
孤独感に襲われている方には、得るものがあると思います。
自分自身と向き合うヒントもたくさんあると思います。




よき光と共に在れますように。
南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト



教育 育児 祈り


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0