ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: ぽたPhoto   Tags: 星座    夜空  宇宙  神々  親交世界  天照皇大神  

オリオン座と太陽の御子たち

先日は空がとってもきれいだったので、珍しく夜空を撮りました。
みなさんご存知のオリオン座です。
明るいが多い星座なので見つけやすいです。
エジプトの三大ピラミッドの並びがオリオン座の三つの並びを映しているというのは有名です。

オリオン座


沖縄などの南の島々ではオリオン座の三つを黄金三【クガニミチブシ→コガネミツボシ】などと呼び、神々が住むと信仰されているようですが、こうした信仰心はただたんなる空想や想像のものではありません。私のブログをずっと読んで下さっている方は少し感じられるかもしれません。

火星は何かと話題になりますが、単に一番近い惑星というだけの偶然ではありません。
金星のアフロディティ、木製のゼウス、火星のマルス・・・惑星は太陽の子どもたちです。

かつて地球と火星の間に惑星がありました。
これは住む人々が心を間違えて破壊してしまいました。これについては政木和三さんも話しています。
これは日本神話の天孫降臨に繋がるのですが、この話は割愛します。
今の地球は原発 → 核 のせいで破滅寸前の危機的状況ですが、バカ厄人やカネの亡者たちはそれを感じられません。

惑星は太陽の子どもたちと書きましたが、地球と火星のあいだにあった惑星の消滅は、人で言うなら我が子を失う悲しみです。
この消滅した星は太陽系兄弟星の悲しみであり、太陽→天照皇大神さまの哀しみです。ここを思えるかどうかは、人を分ける基準にもなります。
この地球に対してもやさしい思いと感謝の心で過ごせる人は幸いです。


願わくば、精神世界と科学の進歩の同期する世界であってほしいものですが、いつの時代もバカは科学のみ発展させてしまいます。→悪知恵→滅亡。

いつも書きますが、宇宙は自業自得の愛の世界です。
自分の思ったこと、言ったこと、行なったことがそのまま自分に戻ってきます。
そして再び肉体に転生したら、今までの思い、言葉、行動がそのまま荷物となって背負うことになるのです。
どうして自分だけこんな目に・・・・それは転生前の言行心(言動、行動、思い)の結果です。死んだらチャラになるなど都合のいいことはないのです。よく気をつけましょう。


佳き光とともにあれますように。
南無遍照金剛。



・・・それにしても神話もふざけた記述が多いです。都合いいように書き換えたり子孫・親族を名乗ったりと、地球はバカが蔓延りすぎです。さっさとバカは粛清されることを祈ります。

関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryイベント告知◆横浜◆ テアトルフォンテ・オープンデー

Older Entry切り折り紙作品を動画にまとめてみた

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >