ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 日本の面影 Glimpses of Japan   Tags: 古墳  埼玉  さきたま古墳  さきたま火祭り  神仏  

さきたま火祭り2016

水を分けると減っていきますが、火は分灯しても減りません。拝火教は世界最古の宗教とされていますが、太陽を拝むことがその起源かと思います。太陽 → 火・・・あちこちで光のイルミネーションや火のお祭りが盛んになっていますが、これは神仏の光の復活を、多くの人々が無意識のうちに希求している表れかと思います。

5月4日は夜勤明けでしたが、さきたま火祭りに行きました。
夜は大荒れの天気で心配しましたが、朝には夏のような天気となりました。


さきたま古墳公園へ


古墳公園に行く前に寄りたいところがあったので行田市駅で降りました。12:25。観光案内所でレンタサイクルを借りようと思っていたのですが、お子さんを乗せる自転車しか残っていなかったので歩くことにしました。
夏のような暑さで、しかも夜勤明けですのでかなり疲れましたが、予定通り、諸々の神社にご挨拶申し上げ、無事にさきたま古墳公園に到着です。
下は↓ 稲荷山古墳です。国宝となっている鉄剣が出土したことで有名ですが、この古墳も危うく干拓工事用で崩されてしまうところでした・・・。

稲荷山古墳2016


埼玉周辺地域にはかつては数え切れないほどの古墳がひしめいていました。多くは沼地埋め立てや河川の土手造成などで土は持って行かれたのです。墾田永年私財法などでもたくさんの古墳が田畑にされてしまったかと思います。それゆえ、現在残っている古墳たちは大変貴重です。

追記です。火祭り開始までに撮った写真を動画にしました。↓
神社参拝が中心ですが、今年は二子山古墳の脇でアーシングをさせていただきました。
夜勤明けだったのでとても癒やされました。



・・・さきたま火祭りは、邇邇藝命と木花咲耶姫の一夜の契で身ごもった姫が疑念を抱かれ、疑念を晴らすために産屋に火を放って出産したという神話の物語です。HPはこちらです。

2016母屋


母屋に集合2016



産屋に集合



産屋炎上


さきたま火祭りのフィナーレは壮大な花火です。
今年は花火を動画で撮りましたのでアップします。



今年は二子山古墳周辺にいる時間が多く、古墳の近くで裸足になってアーシングもさせていただきました。
最後の一枚はお祭りがおわった後に撮った、とてもやさしい二子山古墳です。
空には星のきらめきがとても美しいでした。

二子山古墳の夜


佳き光とともに過ごせますように。
南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryしろ あか

Older Entry生きている太陽系 銀河 宇宙

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >