ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: Foods!   Tags: ジャイナ教  七つの大罪    育児  食育  こころ  

日々の神事 食事

本日も食事のお話です。

数年前の夜勤でのことです。職場のある方からメールが来ました。弁当を食べないまま職場に忘れて帰ってしまったので迷惑でなければ食べて下さいとのことでした。冷蔵庫を見ると確かにお弁当箱がありましたが、そのお弁当箱の小さいことにびっくりしました。(;^_^A
翌日、洗った弁当箱をお返ししてお礼を言った際に、あの量で足りるの?と尋ねましたところ、あれで十分だと仰っていました。

このとき思い出していたことがあります。中学生の頃に聞かされた言葉です。
「女性は殺生に関する罪が男性よりも少ない。殺生と言う意味では、女性は男性よりも神々に近い。」
・・・これは、女性は男性よりも少食であると言えばわかりやすいのかと思います。
食は他の生命を殺して摂り込むことですから、やはり手を合わせて頂くのは宇宙の「当たり前」の礼儀なのかと思います。

仏教では不殺生戒というのがありますが、これを更に徹底的に行ったのがジャイナ教です。アヒンサーというそうです。これは他の物を害してはならないということのようですが、その厳格さは、歩くときに虫を踏んで殺さないように掃きながら歩くと譬えられるほどだったようです。
お釈迦さまやイエス様は「思うことすら『自由』ではない」と申されましたが、ジャイナ教でも、他者を傷つけるようなことを思うことすら罪であると考えているようです。これを実践せよというのは一般的にはあまりに厳しいと思えますが、因果応報輪廻転生の宇宙の基本法としては非常にまっとうな考えだと思います。

さ~い~た さ~い~た


先日ネットで調べ物をしていると 七つの大罪 というものが目に留まりました。↓ ウィキからの引用です。

七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスの著作に八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。キリスト教の正典の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。八つの枢要罪は厳しさの順序によると「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。

興味深かったのは、罪の最初に 暴食 が来ていることでした。
・・・余談ですが姦通罪は江戸時代では死罪もありました。→重罪です。現代の感覚には獣化退行を感じてしまいます。(-_-;)

話を戻します。。。食は生命維持の基本です。肉体を維持するためには、最低限の食事摂取は必要です。食べることは、他の生命を絶ちきり、己に同化する行為です。ですから、貪り食うことはそれだけで業を作ることになる・・・これは誰でも理解できることと思います。惰性で食うことは基本的に罪悪だと言えそうです。・・・食事の必要量は人によって違うと思いますが、自身の必要量をきちんと考えて食べることは、それだけでも慈悲の心だと思います。

食事は毎日だれもが行う神事である。

食は他者との関係や信頼、愛といったことに思い広げるにはもっとも身近な行為であるように思います。

よき光と共にあれますように。
南無遍照金剛。


関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryペットショップ と スーパーのお肉

Older Entry和同開珎と『あきない』のこと

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >