FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYからどうぞ。

宗教のこと

2016年01月09日
新興宗教はやめましょう 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆


知人の外国人の方から聞いた話ですが、日本にきて驚いたことの一つは、「あなたの宗教は何ですか?」と尋ねると、多くの日本人は無宗教だと平気で答えることだそうです。欧米において、宗教を持っていないということは、「私は獣です」と言っていることを同じなのだそうです。
なるほどと思いました。

今の世は「人は動物だ」と平気で言う人もいます。神々は自分の姿に似せて人を作られたと聖書にもあるように、本来の人は神々の映し身です。故に、単なる動物としてのヒトで終わるべき存在ではありません。

 水と火による変貌 でも書きましたが、動物としての人は、神仏の光である 八(ヤー、∞、八幡) を宿すことで霊的な人へと変貌し、霊的には動物とは異なる存在になります。

人 + 八 = 火 ・・・火は拝火教、分けても減らぬ永遠のもの、光、波動、エネルギー

神仏の光を分かりやすく教えてくれる場として教会や神社、仏閣などがあり、宗教というものがあります。宗教の本義は太陽神の教えの雫です。

太陽を同じ高嶺に眺めても 麓に見ゆる道の様々
→ 目指すべき理想皆同じように眺めているが、この山頂に到達する登山道は多数ある。
→ 宗教は違えども目指すべき理想は同じである。

この理を考えてみて、あちらの宗教で許されることがこちらの宗教では許されないということをどう思われますでしょうか?
そこには弟子や人間たちの都合が混入されているとは思わないでしょうか?

手賀沼の神々


呼称は違えども、日本で拝んでいる神々は世界でも拝まれており、世界各国で拝んでいる神々は日本でも拝まれているのです。ただ、時代や地域、言語などによって呼び名は変わるので、同じ神でもローカルネームというものがあるのです。

サリンをまいたテロ集団や前世は釈迦だモーゼだなどという自称聖人などが経営しているどこかの宗教団体などは宗教ではありません。霊的資質のない者が簡単に宗教法人格を取れる日本の行政システムは悪魔の手先と呼んでもいいくらいなのです。
その他にも「正義」の名の下に自爆だの殺人だの爆破だのを行うキチガイ集団もあります。そうした集団に入る事情は多々あるかと思いますが、神仏の思いはどこにあるのかを考えれば、そういう集団に魅了されることもないのではないかとも思います。

夢や希望も、少し間違えば欲と執着に堕ちます。
日々の心がどこに向いているのかを気をつけて過ごしたいです。

南無遍照金剛

関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
ご訪問、ありがとうございます。
心と魂を深く見つめることを大切にしています。
日々の生活は、そのまま魂の修養道場です。

初めての方は『当ブログについて』からどうぞ。
各記事へはカテゴリー一覧か、indexからどうぞ。

Comment(0)

There are no comments yet.