ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags: 薫陶  教育  育児  家庭  

うつしよ のこと

平川門と桜



先日は『現世(うつしよ)』のことを少し書きましたが、そもそも 「うつしよ」 とはどういう意味でしょうか。

多くの方は、今生きているこの世界のことと認識しているかと思います。それは肉体をもって接触できる世界のことで、味覚、触覚、嗅覚、聴覚、視覚の五感をベースにしているものかと思います。

・Wiki での説明です。 → 現世

現世での認識もさまざまですが、前回記事で書いたように、元となるのは心、思いです。同じ動作をしていても、何を思っているかで結果が違ってくるということです。何を成したかよりも、何を思って生きたかがより大事というのはそういうことで、思うことは誰しもが行使できる無限の力です。そして思うことは、五感を超えた感覚であり、それは肉=肉体を超えることができるということでもあります。
それ故、現世で何を思って過ごすかはとても大切なことかと思います。

・・・現世(うつしよ)は 写し世 映し世 でもあります。
では何を 「写し」ているのか?
何を 「映す」世界なのかということです。

そのヒントは次に掲載する画像に委ねたいと思います。
この画像のものは私の宝に近いものです。

信仰の骨髄


ここに書かれた内容からも、私たち人間は何を思って過ごせばよいのか、何を残せればよいのかを思えるのではないでしょうか。
私たちが現世にうつすべきものは快楽や娯楽、利権見栄名声などではありません。

心に映すもの、地上の肉体に何を映していくか・・・日々気を付けて過ごしたいと思います。
本日も佳き一日でありますように。
南無遍照金剛。


関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryお釈迦様のこと

Older Entry木から学ぶ ~心の栄養~

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >