ぽた☆Photo

ミニベロに乗ってポタリング♪アート、カラフル、キレイが好き。切り折り紙探検隊。

Category: 心の言葉◆Words   Tags:    生長  育児  生活  

木から学ぶ ~心の栄養~

霊の話をすると多くの方が「怖い」と言います。霊は良くも悪くも正直です。(^_^;)
私に言わせれば生身の人間のほうが数十倍怖いです。
秋葉原通り魔事件などのように何をするか分からない者があちこちにいますし、原発だ天下りだと利権に群がるハイエナ共が大事な政治を乗っ取る魔界だからです。何度も書きますが、今の地球表面は魔界です。
ちなみに秋葉原の事件をはじめ、論文ねつ造など多数の事件に関わっていた者の名前を見ていると傾向があります。これも偶然ではありません。

光の木


以前に見せられたビジョンでは、この世は世界の最下段、最下層です。そして上空に行くほど魔界度数が大きくなっていました。つまりは上に行くほど地獄の底ということです。
そして私たち人間は、地表に立っているのではなく、地表にぶら下がっている姿でした。

これを見たときに想像したのはは木のことです。
木は地表に出ている姿が「うつしみ」であって、真に重要なのは地面の下の根っこであり、これが「本身」です。本身は通常見えません。
これはこの世と神仏や霊の世界との関係にも似ています。

認識として大事なのは、私たちが現実と思っているのは地表の木のことである場合が多いということです。
私たちが日々の生活と言っているのは「地表の木」の世界のことですが、多くはその世界しか見ていません。
どれほどの人が自分自身の「地中の根っこ」に注意と労力を割いているでしょうか。 ・・・根が腐れば当然地表の木も草も生存できません。人も同じです。
写し身:地表の木 と 本身:地中の根 は共に補完しあう関係でどちらも重要ではありますが、より重要なのはどちらかは言うまでもありません。


【余談ですが、この話は「基準」ということでもあります。ぎっちょは昔は親が積極的に直したものですが、右が上位で権威であるからです。杖や箸を右に持つことは宇宙基準なのです。そこに個人の個性だの自由を持ち出すことではありません。どんなことにもやはり優先順位というのはあるのです。個人的には最優先事項の内容はやりたくない仕事だからあと回しにする・・・などとはできないのと同じことです。】

美人


これもまた昔のビジョンですが、階段をのぼる人と階段を地下に降りる人の姿を見せられました。
この時に思ったのは、人の成長というのは重ね着するように大きくなることではないなということです。
自分の心をきちんと見据え洞察し、それをもって判断して行動できることが「成長」であり、心の奥底へ踏み込んでいく力、自分の心を掘り下げて深くなっていくことがまことの成長なのだと思いました。このことを階段を上る人と、階段を下って地下に降りていく人というビジョンと重なりました。
このビジョンの姿はそのまま人の認識というもの、そしてこの世とあの世のこととリンクします。

木々の姿が世を忍ぶ仮の姿であり、「写し世」「うつしよ」のこと。
そこに生きる私たちもまた、「うつしよ」という現世に肉体をもって生きています。
地中の根っこにとって大事なのは地中の成分です。
では、人にとっての根っこには何が大事になるのでしょうか?
ここは一人びとりがよく自身を見つめて思いを深める必要があるように思います。


長くなりました。
佳き光とともにアリますように。

南無遍照金剛。

関連記事
スポンサーサイト
-◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆-

↓インスタグラムはほぼ毎日更新中です。
Instagram

Newer Entryうつしよ のこと

Older EntryNew Year pray ~Earth pilgrims~

 

Comments
Editひでわくさんへ
頭が重いと支える者たちが大変です。仁徳天皇さまの逸話のように、政治家は国民をわが子と思えるといいのでしょうが、自分のことばかりのように見えます。上から下までこんな状況では世界が保ちません。
子供のほうがよくデキているのを見る機会が増えてきたように思います。(^_^;) 複雑な思いが致します。
Editロード・オブ・ザ・リング
 お正月に3部作全てを観ました…人の破壊に自然の逆襲と言うテーマが有ったように…どんな生物にも使命が…政治や支配する土台に民の幸せが訴求ではと…自立人を沢山育てたいものです♪
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >