FC2ブログ

人はみな道の途中

印象的な言葉から


王が不在の間、ある召使は宮を清めず、ある日突然に戻った王に言った。
「今日お帰りになることを知っておりましたなら、宮を清めてお待ちしましたのに」と。

別の国の召使は、ある日突然帰宮した王に言った。
「今日か今日かと思い、日々宮と清めてお待ちしておりました」と。

巫女 祈り



「悔いのない人生を」とは言います。

今のうちに旨いものをたらふく食っておこうとか思う人もいるようですが、「悔いのないように」とは、自分本位の思いを実行することではありません。
自分本位の思いに駆られている時というのは、多くは前世や来世という感覚が欠如した状態です。
今の人生、足元しか見えていない状態とも言えます。



子供の頃に見せられたビジョンがあります。
それを見た時、私はあまりの理不尽さで意味が分からず憤慨しました。
何故なら悪事を働いた人間が、来世でレベル・アップした世界に行ったからです。
転生を知った今、あの人はあれでも、前世よりも徳を積んだのだと思えます。

他者と比較するところに平穏はなく、苦しみがあるだけだと以前聞かされましたが、今ではなるほどと思います。



ついに行く 道とはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思はざりしを       在原業平

日々何を思うかは世界の始まり。
生きることに思い上がっている瞬間が多々あります。
それに気づいてふと己の足元を顧みると、「今」という瞬間が「永遠」の時空に感じたりします。

良き召使となれるよう日々気をつけて過ごせるようになりたいです。

南無遍照金剛



関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとして頂ければ喜びます。  ぽた☆Photo - にほんブログ村
祈り 教育 時間 召使い


スキ間ビジネス - 副業、独立起業、在宅情報

Comment 0