FC2ブログ

初めての方は当ブログについてからどうぞ。 各記事へは最上段CATEGORYから。

火の浄化と次の文明世界

2015年09月12日
日々思うこと 0
◆-◆-◆-ブログランキング・にほんブログ村へ-◆-◆-◆
メールで更新です。


小学生だったか中学生だったか忘れたが、ある鮮明なビジョンを見せられた。それは森だか街だか知らないが、とにかく炎を上げて燃え盛る中を軍隊が大挙してこちらへ歩いてくる光景だった。
私はそれを見せられた時、第三次世界大戦が起こる事を瞬時に思ったが、いつしかそれは過去の光景、つまり大東亜戦争の光景ではなかったかと思うようになっていた。そう思うようになったのは、また戦争が起こるなど考えたくなかったのかもしれない。

しかしここ数年、またあのビジョンを思い出す事がちょくちょくある。これはやはり大戦が起こる事を暗示しているように思う。

先の戦争では、日本は本土空襲と原爆まで落とされ滅ぼされそうになったが、昭和天皇のご英断でなんとか命をつなぎ、見事に息を吹き返した。

日本は世界の雛型である。日本はイエス様のように一度十字架に掛かったが、再び蘇った。
この雛型を映した世界変革は未だ起きていない。という事は、【利権にまみれた腐りきった】この世界は、一度十字架にかけられるだろう。私が見せられたビジョンはやはり未来の出来事なのだろうと思う。

これは現人類は地震や戦争に端を発する火の浄化が待っているのだと思う。そして腐りきった悪魔の思考を、マヅダの清浄なる火で燃やし尽くしたのち、新たなる価値観の地球を想像していくだろうと思う。

何万年も昔、今よりずっと高度な文明が起こったが、傲慢になり滅ぼされた。その後の人類は堕落に堕落を重ね神仏さえ分からず、神話を小説に貶めて忘れ去った。次の地球文明世界は是非とも宇宙の一員として健全に成長してもらいたいと思う。

洗礼者ヨハネは言った。
「わたしよりも優れた方が、後から来られる。わたしは、かがんでその方の履物のひもを解く値打ちもない。わたしは水であなたたちにバプテスマを授けたが、その方は聖霊でバプテスマをお授けになる。」(マルコ1・7~8)

次の地球文明は是非とも聖霊に満たされる世界を創造する文明を歩んで欲しいと切に願う。

南無遍照金剛。
関連記事
スポンサーサイト



とみたや
Author: とみたや
初めての方は『当ブログについて』をまずは読んでいただくと助かります。

ご訪問、ありがとうございます。
自転車に乗ってお散歩と写真を楽しんでいます。
ときどき紙遊び(切り折り紙)をしています。
魂の磨きについて考えて生きたいと思います。

Comment(0)

There are no comments yet.